スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LHなるものその19

てことで、修正されたようなので、やる気のない感じの人が適当に書き連ねます。


見たら分かる強いのは評価低かったりしますが仕様です。
変態的な挙動をするカードとかは大好きなんですが、はたして。




泉の騎士『エルネート』
勝利エリア発動が追加され使いやすくなったように見えますが、エリアでの強化幅は祝福の神官戦士と同じ。
敗北エリアに関してはこちらはないので、エリア発動目的なら祝福の神官戦士に分があります。
援護や敗北時発動などいろいろ出来ますが、どれも中途半端な感じです。



言霊を詠む神官
条件付きでプロテクトですが、似た様な条件で1つLvが高いカティラがいます。
プロテクトは1発攻撃を耐える事が出来れば反撃で勝てる、そんな条件である必要があるためATが10高いカティラに分があるように見えます。
もちろん、アタック発動の何かを付ける場合は話は別ですが、それなら先攻持ちに付けた方が良いような気が。



太陽の従者『サフィリア』
アタック発動に確実性が増しました。
とりあえず、AT30以上の太陽王国ユニットを多めにしておけばAT50までは強化できるので一応非優勢でも戦えない事はないです。
このカードの真価は援護時で、HP70/AT30やHP100/AT30辺りを引いてくれば驚異的な強化が可能です。
そのために太陽王国ユニットを多く入れ、Lv3の援護を使うかといわれると話は別なんですが。



奇襲
オープンダメージの条件が外れ、強化も可能になりました。
勝利エリアにユニットがいなくても、AT+10/AGI+2は効果的なので無駄になりません。
50点出すのは流石に難しいのですが、40点出ればエイジスに対し確定で勝てるので狙いたいところです。
確実に勝利エリアにユニットを置ける自信があるなら、赤い事が重要でない限り炎の矢と差し替えて良さそうです。



星竜王『バスタンドーラ』
ステータスが微調整されてますが、AGI1と後攻AGI2では先攻出来る相手にほとんど変化がないので気にしなくても良さそうです。
グランヴェリオン同様にサージスに引っかかるようになってますけどね。
何故か付いていた圧倒的なデメリットが改善されており、これを使うことを前提としたファイルならば活躍できそうです。
…転送ファイルくらいしか思い浮かばないのが難点ですが。



太陽王国の巨大ハンマー使い
Lvが1つ下がり、アタック発動の条件も一緒に引き下げられてます。
十分にHPを確保できれば象よりも優秀なアタッカーとして活躍できそうです。
特に石の牙と相性が良いため、デュランダルなどを入れるファイルに採用の機会がある、かも。



太陽王国の式典兵
Lvが1つ下がりましたが、元が使いにくいカードのため、そこまで変化はないです。



和平交渉
白い分解…というと違う何かを思い浮かべそうですが、そんなイメージです。
分解と違ってダメージを与えないため、山札破壊で相手の大型を戻してSPロックなんて流れが一番でしょうか。
マインドスキャン出来る人はSPロックに入れると、戻した相手のLv-1だけ相手のSP減らすSPロックカード
なんて事が可能、かも。



騎士隊長『リドレーア』EX
ようやくまともな形に修正されました。
サポートなしでのオープンは強化されているため、俊足の剣士と比べても遜色がない性能です。
サポートありでLv4以上のオープンは無効だぜ!ひゃっはぁ!が出来なくなってますが、今までが異常だっただけでこれでも十分優秀です。
似た立場に収まりそうな象と比べても、柔軟性が高いためこちらの方が優れていると言えます。
注意すべき点は、サポートありの場合にAT30でなくAT10になっているため、場合によってはATが微妙に足りない、なんて事態が起こりうることでしょうか。



英霊『アッシュバース』
HPが20上がっています。
勝利敗北時の手札に戻るコストが墓地送りでなく、山札に戻すになっています。
どちらが優れているかは一概には言えないため、山札に戻す事を利点と出来るなら強化ということになるでしょう。



太陽神の信奉者
コアトル召喚の手順が簡略化されており、使いやすくなっています。
また、勝利エリアでコアトルの強化も可能なため、今までよりコアトルで勝つことも狙いやすくなっています。
ただし、コアトルはまだしも単体では戦力に成りえないカードを組み込むことになるため、事故を起こしやすくなる点には注意が必要です。



巨大象兵
象を墓地に送った時の強化幅が大幅に強化されています。
2枚送ればHP240、まず一撃では突破できない数値です。
とはいえカウンターも同時に弱体化しているため、場合によっては相手を倒しきれぬまま落とされる可能性も。
また、どうやっても単体では戦力外で手札を多く消費する事になる事から、使いにくさは変わっていません。



容赦なき暗殺者
援護が可能になり、アタック発動で火力を強化する事が可能になりました。
ただ、アタック発動の条件からしてアタック発動では相手を倒しきれません。
例えば魔力武器を使うことでAT50(100)になり、相手がHP120を出してきたとしてもAT+30で倒しきれるなどの状況を作り上げれば効果的なスキルとなると思います。



強制再生
オープンドローが追加されています。
2つ目のオープンの条件が若干緩和されていますが、実質的に変わりないと思います。
HP50にならなくなったので、一部のコンボに支障が出る…可能性もありますが、私はその手のコンボを使った事がないので何とも言えません。



夜空を飛ぶ飛竜
ノーマルとEXが本当にバリエーションの形になっている稀有な例になりました。
EXと同じくオープン20が追加されたため、一応単体でも勝負に出られるようになっています。
敗北エリアでのSP減少が3から2になっていますが、単体運用が可能になった点を見れば妥当なところでしょう。



月公国の邪悪騎士
使いにくかった敗北時発動が勝利時発動になり、墓地から1ドローが可能になっています。
相手がノーセットでも少なくとも1ドローは可能なため無駄になりません。
もともと結構思い入れがあるカード(7弾辺りでこれ3枚とズガ様3枚、呪われた剣士3枚のファイルを回してた)だということもありますが、かなり好みのデザインになっています。



歪んだ女神官
ステータスが調整され、実質Lv2相当のステータスになっています。
敗北エリアでのハンデスがオープンタイミングになったのは強化かどうか微妙なところ。
敗北エリアに配置してハンデス、という流れが出来なくなっていますので。
奈落の軍団を召喚する条件に妙なものが追加されています。
歪み触れた神官もそうなのですが、多分これは高速詠唱を召喚させないため、でしょうね。
今までと大差ない運用が出来ますが、ラ・ボォを召喚できなくなっているので、場合によっては困る場面も。



歪み触れた神官
歪んだ女神官と同様の調整が施されてます。
歪んだ女神官の4枚目以降の扱いは多分、変わってません。



夜犬の主
ATが10上がってます。
新たな野犬が追加されない限り、状況は好転しないと思います。



強襲する悪夢
ステータスが強化され、オープンの条件が取り除かれ、オープンのデメリットが削除されています。
凄い強化されてますが、どういったファイルで使えばいいのかが疑問です。
最悪、悪夢が負ける→エリア排除が出来ない→結果的に相手をサポート、なんて状態になりかねませんから。
最終ターンに使えばデメリットはないも同然なので、優勢黒なら魔力武器を持たせて投げるのも。
先攻持ちはLv3に多いので先攻されやすい相手はオープンで落とし、それ以外は殴り倒す…形になるのでしょうか。




白髭の大剣士『鋼』
AT30になっていますが、一部の低AT殺しのカードやバンデール等のカード以外に対しては効果がないため気にしなくていいです。
手札に戦士・剣士のカードがあればHP+20、条件を満たしやすいため何かと便利です。
HP100とHP120では安定感が違いますので。
勝利エリアの強化はオープンの条件を満たす構成をしていれば活用しやすそうです。
ATだけのサポートなので、高AGIや先攻持ち、サポートに呪縛や掌握の雷辺りが有力でしょうか。
とりあえず、これメインのファイルを組んでみたいです。



炸裂する玉
オープンの威力は基本的には変わってないのですが、Lv2以上のHPサポートのオープンがそのまま火力に変わります。
例えば聖域の鍵でSP3、手札2枚でお互いに80ダメージ。
主に引き分け狙いで使う感じでしょうか、発動順に自信があるなら強制再生で生き残らせつつATを強化なんて手もあります。



狂獣『ダンダーン』
AT20以下のコンボ要素を否定していたダンダーンが自己強化のみになりました。
何だか弱い者いじめを楽しむダンダーンという凄くイメージに合わないどころか、想像したくない感じになりましたが気にしない方向で。
オープンとアタックのダメージの最大値と最低値が削れました。
それなら20で固定してもいいんじゃないかと思ったりします。



魔術の長槍
1ドローが追加されています。
比べる相手は多いのですが、40ダメージで1ドローに価値を見出した場合はこれを。
掌握の雷が条件を満たせば、30ダメージで1ドローに相手AGI-3とかしますが、あちらが優秀すぎるので気にしない方向で。



大地の巨大蛇
一応強化…なのでしょうか、微妙なところです。
勝利エリアの威力が上がっているので、あと20ダメージで50に届くようになったところを見るべきでしょうか。
何にせよ、無理にランダム要素を増やさなくていいと思います、普通にSP+1で良いじゃない。



追う者『リヴェイラ』
大分強化されています。
Lv5以上が必要だった時は、相手が出すまで待つ必要があったのですが、Lv4以上ならば大半のファイルに入っているため条件を満たしやすいです。
条件を満たせれば十分すぎる攻撃力を確保できるため、AGI援護や先攻付加などで先に殴れるようにすれば優秀なアタッカーとなると思います。
エリア破棄はきっとカファールEX対策、Lv4以上なのもきっと…。
問題は☆5なので入手が面倒なことでしょうか。



大地の真子『アティラ・シン』
コストが安くなりました…それでも竜皇帝とタメを張れるレベルですが。
Lv8以上をメタれます、はたしてLv8以上で普通に使えるカードが何枚あるのでしょうか…
数えた方が良いでしょうか、必要ありませんよね。



花女
ランダム?そんなもの追加しても仕方ないでしょう。



獰猛な二足竜
ATの上昇幅が半端じゃなくなりました。
優勢赤でAT120のAGI5…その意味することはつまり、運営の頭の中身がアレってことでしょう。



森の魔獣
これ、条件間違ってませんか…?
ラスアム対策だったのが、妙なLv2なのにLv4なユニットになってます。
Lv4対策増えたので、それに引っかからないLv4っぽい何かだよ!ってことでしょうか。
意味不明です…。
相対的に見れば弱体化してます、はい。



栄光なる魔術を使う妖精族
あらゆるエリアで効果が発動しますが、もの凄く効果が地味です。
条件厳しくても、もう少し何かが出来れば…というカードです。



傭兵王国の潜入兵
山札破壊をしつつ、面白い挙動をしているように見えますが、無理に使うほどの効果が得られないのも事実。
オープンの強制敗北もあるのですから、エリアはまだしも勝利時に何かをつけてあげても良かった気が。



妖精族の暗殺者
援護専門ですが、相手がLv4以上なら2ハンデスです。
AT+20もすることも考えて、きっとカファールEXにぶつけてください!ってことなんでしょうね。
敗北エリアでのハンデスもあるので、援護できない場面でも無駄にはなりにくいです。



地面を歩く翼竜
対大型能力の追加と、相手の青サポートを食べた時の能力上昇が強化されています。
後者のAGI+1から+2への修正は…もはや語るべくもないでしょうか。



熱血暴走野郎『オルヴァウス』
AT40になっていますが、このカード自身のアタック発動により意味はほとんどありません。
傭兵王国ユニットで勝利エリアのステータスを参照するとき、相手の低ATメタカードを回避する事くらいですね。
ちょっと意図が読めないのですが、傭兵復権狙いでしょうか。



焼きつく空気
威力が上がってもディスアドバンテージの方が絶大なため、今までと立場は変わらないと思います。



大嵐
オープンダメージが追加されています。
確かに強化されてはいるのですが、30ダメージが効果を発揮するかといわれると微妙なところです。



深い眠り
AGI-1から2になっています。
他のAGI-が強化されてきているので当然の流れでしょうか。



侵魚/友情を語るモノ
今まではユニットサポートを落としても、それ以外の変化はなかったのですが自己強化も可能になりました。
鏡騎士のような形になっています。
ただ、SPブーストを狙える鏡騎士と違いユニットサポートを狙うのは大変です。
強制敗北もあるのだから、当てた時のボーナスをもう少し優遇してやってもと思ったりも。



白虎の指揮官『ロザリィ』
援護可能になりました。
返却グリモアを狙うものなのでしょうが、少々重すぎる感もあります。
治癒を落とせる上に防がれにくい禁止呪文に分があると思います。
単体で使う分には今までと変わりません。
禁断の書を使うファイルが増えたので、当てやすくなっているかもしれません。
バネットEX+禁断の書に当てられたら一方的なアドバンテージを取れるので、狙う価値はあるかも。






総評
長かったよ…これなら2分割にすればよかった…

邪悪騎士と鋼が面白そうなので、なんか組んでみます。




2010y05m14d_225329525.jpg


あと、修正前に使ってた『適当過ぎるバーン』。


今思い返しても修正すべき点があり過ぎて何とも言えません。
でも、頭空っぽにしてドッカンドッカンできるので、色んな意味で疲れてるときは重宝します。
火山から巨石兵で50、巨大獣で70(相手からの反撃あり)
ローズから剣で20にSP-2、巨大獣で50
ボルバロンは剣と巨大獣と巨石兵でなんとか。

ちなみに、アンティーラEXは意外と優秀です。
お試しあれ。




さて、疲れた…

コメントの投稿

非公開コメント

No title

言霊を詠む神官は援護できるのでHP援護もあいまって結構硬くなりますよ~
バスタンはロマンがなくなり普通の大型になりましたとさ
暗殺者のHP110条件は一応暗殺者が援護で優勢のAT30ユニットがAT110に届くからかなぁ
なんにせよ使いやすくなりました。援護系では入れやすいです。
奈落系は・・・レレイウコンボが出来なくなってますな。高速詠唱対策だろうけどたぶんそっちのが痛手かな?
爆弾はエリア強化とかオープン+援護のHP強化とあわせると良い感じ?
ロザリィは難しいですが・・・一応LV3援護も除去するので読み合いでしょうかね・・・

やっぱり邪悪騎士に注目しましたかw
冬眠なんて宣言せず、ちょびちょびやりたいときにやるので良いとおもいますよー

No title

そういえば、言霊は援護可能だったんですよね、失念してました。
援護可能なら相手のファイルによっては非常に強力なカードと言えますね。
非優勢ユニット連打タイプなら渡り歩く+言霊を突破する事はまず不可能ですから。
…まあ、そういう使い方は私はあまり好きじゃ(ry
バスタンに関しては、バスタン→星の怒り、この流れで使うとロマンあふれる気がします。
バスタンのオープンで手札減ってるから気にしないぜ!みたいな。
単体の戦闘力が高い竜ファイルになるので、ありと言えばありな戦術だと思います。
そう言えばレレイウが(ry
こちらの動きを見て突然死!とかがなくなったので相対するときは動きやすくなってますよね、はい。
爆弾…炸裂する玉、でしょうか?
少なくともオープンでHP+30は欲しいので、該当するカードが少ないのが辛いところ。
エリアでのHP援護を期待した方が良さそうです。
ロザリィは…本当にマインドスキャンデース!な人しか使えないので、評価は多分変わってないです。

邪悪騎士はイラストの「うほ!邪悪な雰囲気!」ってのも好きなんですよねー。
もし見かけたら全力で遠ざかるレベルの邪悪さがにじみ出てるあたり素敵です。
そうなんですけど、気分で言っちゃうんですよね!(ぇー
>かむいさん


と、書いたんですが、奈落を呼ぶ神官2種のエリア発動、ランダムになってましたね。
…超下方修正じゃないか…そこまでする必要があったのでしょうか(汗
プロフィール
バトルロンド・ブログ

真散

Author:真散

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユグドラスラッシュ
さぽている
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。