スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LHなるものその23

LH5連続ですので、次からは違う記事にしますと宣言しておかないと拙いなとか思ったり、思わなかったり。



SPロックの対策記事…なんですが、最近の環境的にSPロックはきついんで対策要らない気がしますけど(現在5連敗中)。



2010y05m16d_145701257.jpg


調整してはいるのですが、魔力武器1枚が掌握の雷に変わるくらいなので、これを使います。



まず、SPロック側の心境を。

1.なるべく高GETSPは来て欲しくない、GETSP2~4くらいがベスト
2.相手のLv3・4をデイガーやローズでカウンターしたい
3.開始数ターンに次のターン出すデイガー用の始動カードが欲しい、特に夜空翼竜とガルディ
4.Lv3以下のタイミングでSPを爆発的に増やされたくない
5.高GETSP続きでの大型連打は勘弁
6.SP気にせずに渡り歩く投げられ続けると普通に詰む


といった感じです。

あと、『相手のSPを0にすること』を狙い特化したファイルであるため、いわゆる『優秀なアタッカー』なんかは入れるスペースがありません。
そのため、最後のLP1を削る時は予め十分なロックをしておかないと、読み負け云々よりカードパワーの段階で負けてる場合があります。
例えば、
優勢黒にリヴァーレ
赤はカサンドラ
青は正義、アリアドネー
白はエルドラード
なんていう、一種のグッドスタッフ戦術取られるとSPロック側は殆ど勝ち目がありません。
比で表わすと、SPロック:グッドスタッフ=2:8、これくらい不利です(各ユニットを倒す手段が殆どないため)。


SPロックが強いのは、SPを多く必要とするコンボファイルや出が遅いファイルに対して。
前者はSP補充に手間取っている間に致命的なLP差を作れば問題ないですし、後者はガンガン攻めながらSPを縛りつつバネットで星の怒りをサーチ→ぶっ放しで大概勝てます。



で、こういったSPロックを相手にする上で重要な事は、
『相手の勝利/敗北エリアに何かカードがある時、デイガーに負けるカードは出さない』
ですね。

SP10あったとして、Lv3ユニットを出したとします。
相手がデイガー、通常のLv3ユニットではデイガーには勝てないので敗北。
結果として、SP10-3(ユニット分)-4(デイガー分)でSP3、敗北時SPを合わせても既にロックされてるのと同じ状態になります。


ここで例外があって、
『4.Lv3以下のタイミングでSPを爆発的に増やされたくない』
これを満たすようなユニット、コンボなら問題ありません。

特にバネットEX+禁断の書のコンボは鬼門です。
これをSP0になるように出し、デイガーのオープンが先に発動するとバネット敗北時のSPは7。
出すときに必要なSPは7なので、デイガーが勝ったのに『SPを減らせてない』状況になります。
更に敗北時SPが補充され、この時点でSPロックから脱されたのと同じです。
また、もう一回バネットEX+禁断の書やられるとSPロック側非常にきついです。
なので、SPロック側は全力でサージス狙うわけなんですが、読み違えたら負けなので…といった具合ですね。

ということで、SPロック見たらバネットEX+禁断の書を積極的に狙っていくとSPロック側は泣きます。

あと、長靴を履いた猫+魔歌系援護を優勢白で投げたりするのも効果的です。
魔術の使い手を使った古典的なSPブーストも非常に有効です。
つまり、Lv3・4+妖精の踊りより、ユニット+ブーストで使用SPより増加SPを増やすような行動をされるときついわけです。




あとは、SPを減らされているからといって、及び腰にならないこと。
SPロック側はスペックが低いユニットでありながら、ガン攻めの体勢に入っています。
そんな状況で敢えてノーセットを選ぶ、デコイを出すという行動が何を意味するか…簡単に分かりますよね?

SPロック側は、
『相手が手をこまねいているうちにSPを減らしていきたい』
そんな考えのもと行動します。

SPを減られている

でも手札のカードは重要、守らないといけないからSPに換えない

低GETSPだからユニットを出せなかった、そしたらまたSPを吸われた

でも手札は完璧、これなら!

星の怒りで詰んだ

という流れはよく見ますし、これはSPロックのフィニッシュ手段の1つです。


こういう場合は、上記の『Lv3以下のSPブースト』やるとか、SPを少なく保たずある程度持っている事で迎撃可能なユニットの展開を可能としておくのが正解です。
下手に手札多い・SP少ない状況を保つには危険です。

SPロックは、ハンデスと違って目に見える選択肢は減らしません。
しかし、行動の余地を縛ります。
そして、それに付随する相手の積極性を削っていきます。
ぶっちゃけた話、ハンデスよりやってる事はドSです。



心理戦を仕掛けるのがSPロック。
なので、SPロック側が望むような心理状態に陥らない事が重要です。

…使う側も読み違えたら負ける、そんな吊り橋を渡っているようなものなので、精神をすり減らす事が多いんですけどね。



とまあ、SPロック対策でした。

半分以上は根性論な気がしますが気にしない方向で。
対処が分かればハンデスより楽に倒せると思うんですけどね、あちらは確実に選択肢を減らせますから。


…GETSP5・6連打は、やーめーてーな人でした。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おお、SPロックというからには不死零体たくさんかと思ったら違ったー!
よし、不死零体入れて連敗を解消だ!

No title

あら、英雄王の方ですね、初めまして。

不死・霊体を突っ込むとなると結構な改修が必要になると思いますが、気張ってくださいませ。
>ウィジャさん
プロフィール
バトルロンド・ブログ

真散

Author:真散

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユグドラスラッシュ
さぽている
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。