スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LH・グリモアなるものその5

そういえば、こんなのあったなーと(ぇー


グリモアの初心者の方向け解説、ということになっているのに…

今までSPブースト関係の事全く書いてなかったよ!!

と、今さら気付いて書くことにしました。
他の方がディープな話題ばかり求めるものだから…私のせいでは…うわなにをするくぁwせdrftgyふじこlp



…ということですよ?(何


あと、よく『グリモア講座』と呼ばれてますが、そんな大それたものではないです。
そう!これは『グリモアなるもの』なのだっ!!

…意味不明さが私らしい、そう思えませんか?







1.SPブーストグリモアとは何ぞや



読んで字のごとく『SPをブーストさせるグリモア』のことです。
『ブースト』というのはカードゲームでよく使われる言葉で、『増加』と読み替えると分かり易いです。

SPブーストグリモアの代表格として、失敗妖精の踊りが挙げられます。
この2枚が代表格とされるのは、
1.LH初期から存在する
2.他のSPブーストグリモアに比べ効率が良い
といった理由が挙げられます。
登場当初の妖精の踊りは『使う事はハンデにしかならない』といったカードで何度かの修正を受けて現在の形になっています。
当初のスキルは、
『Lv1:手札からカードを1枚選び捨てる。プレイヤーのSPを3増やす』
といった具合であり、LHのゲームシステムを考えれば『手札を2枚捨てSPに換えてるだけ』だったわけです。
ちなみに失敗も、妖精の踊りほどではありませんが効率が悪いものであり…というのは話の本筋からそれるので割愛で。
とまあ、いくら初期の性能が悪かろうと『初期から存在し』、修正を受け『現在でも第一線で活躍しているSPブースト』なので代表格になっているわけですね。





2.SPブーストグリモアを入れる理由



SPブーストグリモアは言い換えれば『ファイルの潤滑剤』です。
ファイルが上手く回転していくために、次の一手、次の次の一手を確実に打てる状態にするためのカードです。
最初からあるSP10とGETSP、ダメージ時のSPだけでは思いどうりに動けない場合が存在します。
例えば、高GETSPを取りに行くために出した高コストのユニット・コンボを迎撃された時。
例えば、相手にSP-効果を使われた時。
そういった『SPが足りなくなる』状況にならなくする、あるいは多少なりとも打開するために必要なカードがSPブーストグリモアです。
各ターンの間に手札を捨てることでSPに換える事が出来ますが、それは自分の選択肢を減らし、相手にファイルの中身を悟られてしまう危険性を持っています。
戦略的に手札を減らす、墓地を肥やすことはありますが、『SPが足りないから苦肉の策として手札を捨てる』というのとは違いますね。

否応なしに捨てるのではなく、選択肢が残るようにするためにSPブーストグリモアを入れるわけです。





3.SPブーストグリモアの選択



で、肝心の選び方です。
選ぶ上で必要なのは基準で、どういった基準で取捨選択をするかを考えることが一番です。
もちろん『持っているか持っていないか』は重要ですが、ここでは全てのカードを持っているとして考えます。

基準として考えられるのは、

1.効率
2.追加効果
3.色

でしょうか。


まず、効率について考えます。
ここでの効率とは『使用前から使用後にどれだけ増えたか』のことです。
妖精の踊りをSP10の状態で使用したと考えます(ユニットは考えません)。

10-1(Lv1なので)+4=13

このように、妖精の踊りは使用前から3増えています。
これは、そのグリモアの増えるSPからLvを引けば出ます。
あふれ出す魂なら3-1で2増えるという具合です。
もちろん、弱者の盾のように増えるSPとLvが一緒の場合は結果的にSPは増えません。
そのグリモア分の手札は消費するが、SPは消費せずに使えるグリモアということですね。

SPは多ければ多いほど展開が楽になるので、SPブーストを効率重視で選ぶのが一般的です。
上記の例では、妖精の踊りあふれ出す魂よりSPが1多く増えるので効率が良いわけですね。

ただし、ここで1つ考えるべき事柄があります。
増えるSP-Lv=1のカードの事です。
回復の粉禁断の書などのことですね。
ここで重要なことは、『各ターンの間に手札を捨てることで、捨てた手札1枚につきSP1増える』ということです。
回復の粉で考えます。
ユニットは考えず、手札5枚の状態だとします。

使用時
10-1+2=11、手札残り4枚
捨ててSPに換えた時
10+1=11、手札残り4枚

という具合に効率は捨ててSPに換えた時と変化ありません。
しかし、回復の粉なら、
1.白のグリモアでサポート
2.HP+20
という一種の『追加効果』が得られています。
そのため、こういった=1のカードはもの凄く効率の良いサポートグリモアとして扱った方が良いわけですね。
もちろん、サポートに特化したものに比べるとサポートとしての効率が落ちるので、その辺りは選択する必要があります。
また、回復の粉にはSP増加を勝利時に限定した代わりにサポート効率が良い守備力強化があるのにも注意が必要です。

で、この=1の中の異端が禁断の書です。
これは他の=1と違い、ドロー能力があります。
そのため、回復の粉の時の式に当てはめると、使用時の手札が5枚のままなわけです。
これで手札を1枚捨てれば=2と同等になり…とするのは敢えて禁断の書を使う必要はないですよね。
禁断の書は基本的にドローグリモアであり、Lv4ということもあり様々なコンボにも使用されます。
書庫の契約者『バネット』EXとの組み合わせでSPブーストにもなりますが、単体で入れる場合はSPブーストグリモアとして扱うのは微妙、というのは注意しておいた方が良いです。



続いて追加効果について。
そのまま、SPブーストと同時に発生する効果のことです。
あふれ出す魂なら条件を満たしたときに、墓地のカードを1枚山札の下に戻す効果。
妖精の踊りなら好きなカードを山札から墓地に落とす効果、ということですね。
SPブーストグリモアにはSPブーストとしての効率は良くはないが、追加効果が強力というものが存在します。
安らかな祈り禁断の鍵あたりでしょうか。
ただ、追加効果重視で選ぶとSPブーストの効率が落ちてしまう事には注意が必要です。

ちなみに、妖精の踊りの山札から好きなカードを墓地に落とす効果は、一応はコストとして設定されています。
しかし、山札を圧縮出来ること、墓地の条件を満たしやすくなることから基本的に強力なメリット効果とされています。
山札の圧縮については、欲しいカードを引ける確率を上げる事が出来る、と言い換える事が出来ます。
20枚の山札のうち3枚が欲しいカードのときより、19枚の山札のうち3枚が欲しいカードの時の方が欲しいカードを引きやすい、そんな単純なことです。
とはいえ、この追加効果がコストであることには変わりなく、山札が○○枚以上の時のみ、などの効果が発動させにくかったり、


2010y07m04d_003441046.jpg


こういった、山札のカードを全て引き切ることを主戦術としているファイルでは非常に重いデメリットとして扱われることがあります。



最後に色について。
一番分かりやすい例として、氷の魔術師『ラスアム』魔法王国の氷魔術師でしょうか。
これらのカードはサポートが青のカードでないと真価を発揮できません。
そのため、これらを使用するファイルでは、妖精の踊りよりも青である失敗が優先されます。
他にも色を参照するカードがあり、それらのカードを採用する場合は、軽く扱いやすいグリモアで色の配分を変えるということが多々あります。
カードの追加効果を発動させるという意味では、この色についても追加効果に加えても良いかもしれません。

また、場合によっては特定の色の相手サポートに反応し効果が強化されるカードも存在するので、それらを意識する場合があります。
とはいえ、そこまで多くはないので特に気にしなくても良いと思います。





あとは枚数…なのですが、一般的なLv3やLv4を出していくファイルでは3枚前後が基本のようです。
この辺りは使っているファイルや戦術によって大きく変わってくる部分なので、それぞれが調整していくべき部分ですね。


あふれ出す魂に関して。
山札の一番下に戻した後のカードを活用できない場合あるいは数値として参照できない場合、白であることが重要でないなら失敗を優先した方が良いと思います。
理由は失敗の方がバラツキはありますが、効率の期待値が上のため。
山札の一番下に戻すという事は、何らかの手段で引っ張ってこない限りは多くの場面で眠ったままになります。
また、山札が1枚増えたくらいでは大差がないことが多く、追加効果を活用するには、特殊なファイルが必要になってくるからでもあります。




と、こんな具合に吟味し、必要な枚数を突っ込んでいくのがSPブーストグリモアです。


長々と書きましたが、要は『効率よくファイルを回そう』ってことですね。
だからこその、潤滑剤という表現ですから。



あー、久々なのに長い長い…リンク貼るの、つか(ry




その6?
ネタをくれれば(ry

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
バトルロンド・ブログ

真散

Author:真散

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユグドラスラッシュ
さぽている
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。