スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間は何年?

昨日、『リアルカード入り クリスタルスタンド』というと奇麗そうな感じがしますが、肝心のリアルカードの裏面が残念な月間ランキングの商品が届きました。

さて、何月の賞品でしょう?


2010年せぷてんばー


…9月です。
イラストは着せ替えシーカスです、あのパンくわえてる方。

9月は実は30位だったわけですね…無駄に丁度よく。
ちなみに、スタンド…いえ、スタンドなのに支えがないと直立させにくい代物ですが、は2枚目です。
1枚目は2007年の12月に貰った代物で、当時はイラストの指定が出来なかったものです。
…イラストは魂削り…もの凄い皮肉ですねと記事にしたものですorz
(当時はアタック発動は信用できないとデルラールEXや魂削りの採用は控えていた。デルラールEXのアタック発動はサーチではなく傭兵を2ドローという強力なものだった)


で、2007年と2010年のスタンドを比べると、デザインが変わってますね。
2007年だとリアルカードのほかにランキング何位とかLHのロゴが挟んでありますが、2010年だと違和感ながない位置にイクサーネームなどが印刷されてます。


…何故写真がないかって?


私にデジカメを寄こせば写真を取るよ!(ぇー




以下、関係のない駄文。





基準を設定できないものを、規制することはできない。




以前、
『強カードを使わずに、初心者でも回しやすく基本を抑えた、なおかつ勝てるファイルを公開して欲しい』
というコメントに対し私は、
『強カードの基準を設定することが出来ない。例えば私はアッシュバースを強力なカードと思っているが、大多数の方は黒のカードを封印してまで使うようなカードではない、つまり強カードとは思っていない。どこを基準にするのか』
とか答えた事があります。



過激容赦の規制。
過激ってなんでしょうか。


人を殴る描写を過激というのでしょうか。
これが過激だとしたら、ゴールデンタイムのドラマ、特に学園モノなんかは過激描写のオンパレードですよね。
しかし、規制対象にはドラマが入っていないので、過激でも問題ないんです。

男女がいたしている場面を過激というのでしょうか。
これが過激だとしたら、洋画劇場なんかでは普通にそういった場面、それも『無理やり』な場面もあります。
しかし、規制対象に映画が入っていないので、過激でも問題ないんです。

結婚可能年齢以下の女性が妊娠しているのが過激なのでしょうか。
これが過激だとしたら、14歳で母親になったとかいうドラマや小説があり、年齢制限なく視聴したり購読したりできます。
しかし、規制対象にドラマや小説が入ってないので、過激でも問題ないんです。

殺人などの凶悪犯罪を過激というのでしょうか。
これが過激だとしたら…もう充分ですよね。



まず、『過激な描写を規制します』というなら、それにあたるもの『全て』を規制しないと『基準』にはなりません。
漫画はダメで、アニメがダメで、挿絵が多い小説が大丈夫な理由ってなんでしょう。

この『挿絵が多い小説』というのは絵本なんかのことです。
グリム童話なんかがそうですね。
童話はもともと小説です。
しかし、絵本にする上で必要最低限の分量に抑えられ、本の半分は挿絵があっても何ら不思議はありません。

一時期有名になった、『本当は怖いグリム童話』という本があります。
絵本ではオブラートに包まれていたり、カットされている部分の『恐ろしさ』を持ってきた作品ですね。
はたして、絵本は『過激』なものを排除しているのでしょうか。


ヘンゼルとグレーテル:森に住んでいた魔女をかまどで焼殺
狼と七匹の子山羊:狼に丸呑みにされた子ヤギを救う為に狼の腹を生きたまま切り裂き石を詰める。その後は本によって違いますが私の所持している絵本では川に突き落とされ溺れ死ぬところを山羊たちは笑って見ています。
かちかち山:自業自得だが背中に大火傷を負うタヌキを笑って見ている兎



…さて、これらはどうやら『過激』としては扱われないようです。

そして、絵本と漫画の明確な違いを挙げることはまず不可能かと思われます。
地の文が長いとかあるでしょうが、漫画における地の文『ナレーション』の存在を忘れています。
1枚絵と文章とコマ割された絵に文章の違い…残念ながら私が所持している『カチカチ山』はコマ割されてたりします。
高尚かどうかでしょうか?
文学に属するものが高尚かどうかなんて果てしなくナンセンスな議題だと思いますが。



基準ってなんでしょうね。

『気に入らない』ことが基準なんでしょうか。


確かに『火の鳥』の近親相姦描写は『傑作だから問題ない』と断じたんでしたっけね。


源氏物語も、現代の感覚に照らし合わせると源氏が『子供を拉致し自分好みになるよう調教し、親族に対しては権力で黙らせた』話なんですが。
多分これも『傑作だから問題ない』んですよね。

…あ、私は源氏物語は好きですよ…今読んでも面白いです。





基準を設定する努力をせずに、規制するといえば反対されるも道理。

…それくらい分からない人ではないと思うんですが。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
バトルロンド・ブログ

真散

Author:真散

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユグドラスラッシュ
さぽている
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。