スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気が迷った神姫話

ネットサーフィンしていたら、変な電波を受信しました。


その受信した電波をもとに書いてみました。


無駄にイーダの扱いが酷いのは仕様です。


先日、とある方を襲撃した時の文章の加筆・修正版だったりします。





イーダ「いたッ!? 撃たれた…どこからッ!? プチマスィーンは全てあの『クソ猫』の近くに…はッ!?」

猫「やれやれだにゃ。あんたがシンハーをあたしに『ぶち込んだ』…その時、あたしはプチマスィーンを『1機隠した』のにゃ。どういう気分かにゃ? 圧倒的優位から逆転される気分はッ! くらえ!零距離サンドスプラッシュフィーバーッ!」



実況「おおっとぉ!これは痛い!イーダは持ちこたえることができるかーーッ!」

観客「NO!NO!NO!」

実況「それじゃあ、瀕死かーッ!?」

観客「NO!NO!NO!」

実況「どう考えても『デスコン』だぁーッ!」

観客「YES!YES!YES!」



イーダ「まだ…まだですわ…まだわたくしの『時』は止まってはいないッ! 見える…見えますわ…あなたはわたくしを確実に『機能停止』させるために『CSCを狙う』ッ!」

猫「わかっていても避けることはできないッ!それが『スキル』!ダブルドリドリーーッ!」

イーダ「ガフッ…痛い…痛いわ…でも!誰も『避ける』とは言ってない…わかっているからこそ『耐える』ことができる!」

猫「それも織り込み済みよ田吾作めーッ!今こそ!追撃のぉ」

イーダ「そして!プチマスィーンを使えるのはあなただけではないッ!」

猫「!?」

イーダ「ヴィシュヴァ・ルーパー!カムヒアーッ!」

猫「あんた…なんでリアパーツが2つも装備できるんだぁぁー!? というか、2つも持ってるなんて『ブルジョワジー』ッ!許せんッ!」

イーダ「わたくしはヴィシュヴァ・ルーパーを『装備する』とは言っていない…そう!こいつの使い道はぁッ!」



実況「マオチャオの攻撃を回避し反撃に転じる!これがイーダのバトルモードだぁぁぁ!しかもヴィシュヴァ・ルーパーを2機も用意してやがる!流石似非お嬢様だぁぁぁッ!」



イーダ「おだまりなさいッ!世の中『金持ち』が勝つのよッ!」



実況「やはり性格は最悪だぁぁぁッ!」



イーダ「…この『武器』の使い方はこうッ!」

猫「飛び上がったっ!?しかも『片方を片手で持ち上げている』ッ!なんて怪力ッ!?」

イーダ「飛び上がるッ!そして『重力』に従って『落下』ッ!これがヴィシュヴァ・ルーパーの使い方よッ!WRYYYYY!ぶっつぶれろぉぉぉ!」

猫「しかもどう考えてもッ!ヴィシュヴァ・ルーパーはプチマスィーンじゃないにゃッ!」

イーダ「勝てばよろしいのよッ!そう私が『規則(ルール)』ッ!」

ヴィシュヴァ・ルーパー「Exactly(その通りでございます)」

猫「喋るのッ!?」



実況「驚きの展開ッ!実はヴィシュヴァ・ルーパーは喋るぅぅぅッ!しかし!それを地面にたたきつけて粉砕しても構わない様子のイーダッ!そこに痺れるっ!そこに憧れるぅぅぅ!」



イーダ「…やったかしら…あの『クソ猫』のアーマーも砕けて…はっ!?『中身』がないっ!?」

猫「その言葉はやっていない証拠ッ!」

イーダ「いつの間に…いつの間にアーマーを『パージ』しやがったぁぁぁぁッ!?」

猫「あんたが気づいてない間にゃッ!」

イーダ「それは分かっているぅぅぅッ!ちゃんと答えろこの『クソ猫』ぉぉぉッ!わたくしの、わたくしの体に触るんじゃないッ!」

猫「掴んで飛び上がるッ!そして『回転』ッ!」

イーダ「お…落ちるッ…!…身体が…!!!こんなッ…こんな…何百年という未来に渡り下僕どもを支配するべく『選ばれた』このわたくしがッ!」

猫「『思い上がり』ッ!それも救いようのないッ!」




実況「勝負ありぃぃぃッ!勝者はマオチャオだぁぁぁ!」

実況「それでは勝者のインタビュぅぅぅ!今の気持ちを聞かせやがれッ!」

猫「祝福するにゃ。勝利にはそれが必要だ」

実況「こいつはぁイーダ以上に『思い上がり』の激しいやつみたいだぜぇぇ!」





天使「『ブッ倒す』…そんな言葉を使う必要はありませんよぉ…。なぜなら私や私の妹たちは、その言葉を思い浮かべた時には!実際に相手を倒しちまって、もうすでに『お姉さま』と呼ばせているから!だから使ったことはないッ!『ブッ倒した』なら使ってもいい!」

天コマ「Exactly(その通りでございます)。イーダは『勝った』前に『勝つ』と言ってしまった。それが敗因です。」

天使「くすくすくす…流石は私の『妹たち』ですねぇ…ではご褒美をあげましょうかぁ」



悪魔「ねぇ、知っている? 仏像は造られた当初と今とでは色彩が違うらしいね…。それでも未だに多くの人間が惹きつけられる…凄いとは思わない?」

わんこ「凄いというのは人気での話か?」

悪魔「違うね…例え『色彩』が変わったとしても『本質』が素晴らしければ評価されるということだよ…。その点でイーダは負けたんだろうね」

わんこ「興味深い話だ…ならば私もまだまだ鍛えて『本質』を磨くとするッ!」




イーダ「うぅ…せっかくお兄様から頂いた『エアロヴァジュラ』が折れてしまいましたわ…あの『クソ猫』ッ!次に会ったら…あら?」

イーダ「これは…『肉斬り包丁(スクラマサクス)』ッ!流石はお兄様ッ!」



猫「あ…ありのまま今起こった事を話すにゃ!『勝利の余韻に浸ろうとした瞬間に、アーマーがぶっ壊れた』。
な…何を言っているのかわからねーと思うが、あたしも何をされたのかわからなかった…
頭がどうにかなりそうだった…催眠術だとか超スピードだとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…」

猫「マスター…新しいアーマー買ってくれよぉぉぉッ!」









ということで、変な電波を受けて思いついた話は終了します。
キャラが崩壊している?そんなことはないさ…

特にイーダとあーんばるに関してはイメージそのままですし…え、違う?そんなはずは…

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
バトルロンド・ブログ

真散

Author:真散

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユグドラスラッシュ
さぽている
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。