スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白いマスコットキャラは入っていない

エクソシストさんに晒さ…げふげふ、宣伝されてしまったので、SSで使用しているファイルを。


ファイル内容は魔法少女です。
ただし火力は殆どないです。
魔法少女ファイルの主力ユニットは軒並み入ってないです。

だからネタ扱いされました


そんなこんなで、こんなファイルを使ってました。





2011y04m09d_202041067.jpg


剣士型とか近接型とか殲滅型とかリリーとか、その手の魔法少女の火力ユニットがいません。
別にネタのつもりじゃなく6割くらいはまじめに組んでます

魔法少女ファイルは本来、手札や墓地の条件を満たし低コストで高スペックなユニットを展開していくファイルです。
そのため如何にしてドローをし、手札に魔法少女を溜めるかが課題になってました。
更に少ないドローで効率よく条件を満たすためにファイルの大半が魔法少女になってしまい、どうしても柔軟性が失われてしまうファイルタイプでした。

今回は手札に~枚とか墓地に~枚とか、そういった条件をなるべく排除し、ハンドアドバンテージ重視の魔法少女を作ってみました。
基礎部分は先回の青バーンに近いものがありますね。
とはいえ、ヴァイオレットや支援型を活用する関係上、魔法少女の投入枚数は多いです。
通常の魔法少女ファイルよりは若干少ない、そんな感じですね。



基本戦術。
支援型、コーネリア、調整ノゼに時間凍結を付けて出しハンドアドバンテージを確保。
掌握の雷はコーネリアとノゼ専用。
支援型がエリアにいるときは、なるべく魔法少女を出しますが、相手に余計なサポートを付けさせ手札を消費させる目的でノーセットも。
ヴァイオレットは大ノゼを召喚するのが基本任務で、大ノゼが2ドロー以上確実に出来ずに負ける場合は支援型か遠隔型を負けさせるために出す。
ハンデスやドローを繰り返し相手の手札を削り、レレイウぶっ放しが勝ちパターンです。

1枚1枚の戦闘力は低く、不死霊体ハンデスの構成ユニットよりも戦闘能力が低いので、アドバンテージ確保が重要です。
上手い具合にLP的なアドバンテージを取るのが勝ちパターンです。
LP的に追い込まれたらまず負けですので、注意が必要です。
あとSPブースト0枚ですが、Lv2相当の消費しか要求されないことが殆どなので何とかまわります。




構成成分を遠心力分離(違


1.支援型
キーカードその1。
勝っても負けてもいい場面で出すのが基本です。
エリアにこのカードがあることで、優勢赤や白でも何とか立ち回ることが出来るといった具合。
支援型でサーチするのはコーネリアかヴァイオレットか調整ノゼ。


2.コーネリア
キーカードその2。
オープンハンデスが可能な魔法少女、敗北エリアつぶしもできますがオマケです。
勝利時で戻すのは大ノゼか支援型が基本。
オープンタイミングで手札を1枚捨てられるので、遠隔型の墓地条件(2つのエリア発動を使うには墓地に魔法少女が3枚以上必要)や破棄再生を序盤から使えたりします。


3.調整ノゼ
キーカードその3。
ぶっちゃけた話、3枚積みは全てキーカードな罠。
魔法少女で魔術師ということで、このファイルではメインを張るコピー娘。
優勢青以外でも時間凍結を使うために投げることも。
エリアに支援型がいると、大概の相手に五分以上の戦いが出来るので支援型→調整ノゼorコーネリアは鉄板の流れだったり。


4.ヴァイオレット
大ノゼを召喚する手段。
ヴァイオレットで召喚した場合は大ノゼはAT10のままですが、非優勢ユニット相手に対しては大量ドローのチャンスです。
コーネリアと調整ノゼはオープンありきのユニットなので、呼び出す場合はそれ以外を。
対鋼では序盤は大ノゼ、中盤以降の勝たなくてはいけない場面ではエスリアを、それぞれ呼び出す形になります。


5.時間凍結
ハンドアドバンテージ稼ぎの重要グリモア。
とにかくユニットの質では負けるので、手札の質では負けないようにする感じで。
2つ目のオープンの条件を満たせるなら温存せずに使います。


6.遠隔型
主な任務は負けてエリアでハンドアドバンテージを稼ぐこと。
支援型と遠隔型の選択は相手の手札の枚数によります。
かなり少ない(4枚以下くらい)場合は遠隔型、5枚以上なら支援型が基本。
手札にコーネリア、調整ノゼ、支援型がない場合は遠隔型を手札枚数関係なく優先することも。
終盤では援護に使いますが、割とそれは非常事態だったりします。


7.ニコル
ファイル構成上一気に山札が削れるため、オープンを活用しやすいです。
SPブーストないので使いにくい感じがすると思いますが、実は結構余裕があります。
1枚は序盤のデコイ、もう1枚は終盤のHPサポート兼LP回復が基本。


8.大ノゼ
ドローブースト。
先述したようにヴァイオレットからの召喚が基本です。
非優勢ユニットに対し合わせる形で使い、高速で手札を補充し次のターンからのラッシュに備えます。
鋼に合わせると5ドローが確定しますし、非優勢で出てきやすい古い城の死霊に合わせても4ドローできます。
構成上、分解を撃ちにくいファイルなので、フィニッシャーとして降臨させることも。


9.掌握の雷
コーネリアと調整ノゼの火力補助。


10.エスリア
ちょっとしたアクセント。
本当なら三姉妹モードッ!とかしたかったのですが、アスタを入れるスペースがありませんでした。
各種ドローサポートを上手く使えばオープン50点くらいはでますので、終盤の切り札的運用が殆どです。
手札があれば、どの優勢でもサージスを迎撃できるのがミソ。


11.レレイウ
ハンドアドバンテージ稼いで相手の反撃を封じてぶっぱが基本というか、全体の勝ち星の5割以上はこれ。
相手のファイルに応じてエスリア、分解、掌握の雷、遠隔型を付ける形で。


12.サージス
ハンドアドバンテージ稼ぎ→サージスでアドバンテージを固定化、といった使い方。
あると非常に便利なサージス。


13.オートス
優勢白でサージスや返却が来るのをニヤニヤしながら受けるためのユニット。
墓地掃除よりも、白の大型ということが重要になることが多かったり。


14.破棄再生
アドバンテージ稼ぎですが、敗北エリアを塗り替えてしまうので使用タイミングには注意を。
2ターン前くらいからタイミングを計っておくと上手く使えます。


15.分解
小型は何とかなりますが、大型はどうにもならないので。


16.聖なる光
稀にドローしすぎるため、自爆防止に。





とまあ、こんなファイルです。


SPブーストなし。
魔法少女の主要ユニットなし。
ノゼ沢山。

といったことでネタ扱いされた模様です。

これでも一応7割は勝てるんで、ネタとは言い切れないんですぜ…?
もちろん、事故率が半端じゃなかったりしますので、序盤で出ばなを挫かれる(挫かれている)と悲惨な末路をたどりますが。



というわけで、中の人としては珍しい魔法少女でした!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

魔術師関連は普通ですが、他のカードがすごく・・・異色です・・・

自分の扱えないファイルは全部ネタファイルですよ?(爆

No title

以前にも言ったように私は私が厭きないファイルでないと使うつもりがないのです。
つまり、そこらへんで見るファイルは飽きやすいから使わないのだッ!

エクソシストさんと言えばジャナド。
まさかこれもネタなのか…!?
>エクソシストさん
プロフィール
バトルロンド・ブログ

真散

Author:真散

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユグドラスラッシュ
さぽている
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。