スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふってわいたなにか

諸君、私はムゲンドラモンが好きだ

諸君、私はムゲンドラモンが好きだ



諸君、私はムゲンドラモンが大好きだ!




いきなりなんでしょうね、これ。


唐突に『どれくらいムゲンドラモンが好きなのか語れ』という天啓を受けたのですが、いったい誰が何の思惑でこんな電波を送信したのでしょう。
私が受信しちゃったじゃないですか!
…まあ、ちょっと書きますけど…好きですし…



ムゲンドラモンとの出会いから。



初めて出会ったのはデジモンワールド(PS)にて。
このゲームではラスボスと裏ボスをムゲンドラモンが勤めています。
ラスボスとして登場するムゲンドラモンはムゲンマウンテンの最奥にいるわけですが、その道中には作中最強のザコ軍団(手持ちの回復アイテムがここで尽きて帰還を余儀なくされたこともある)やメガドラモン(凄い格好いい。こちらもかなり好き)にメタルグレイモン(こちらも好き)がいます。
ザコを回避しながら、強敵との連戦…そしてようやく到達する最奥にいるムゲンドラモン、この時点でのテンションはかなり高くなります。

身体の大半が機械化されているデジモンは多いのですが、それでも生物的な衣裳は残している場合が多いです(アンドロモンとかメガドラモンとか)。
完全なロボットなデジモンも生物っぽさがなんとなくわかります(ガードロモンとかハグルモンとか)。

しかし、ムゲンドラモンは生物っぽさが感じられなかった。
純粋な機械、赤く光る機械的な目、そして圧倒的な強さ。
ラスボスとして十分すぎるほど怖く強いデジモンだと感じました。
ちなみに、最初に挑んだときはこちらのデジモンはアンドロモンで、例によって回復アイテム切れで負けてたりします。
強くて怖いラスボスって格好よさを伴いますよね。
この時点でかなり惚れました。


その後、ホウオウモンで再チャレンジ、プロミネンスビーム乱射して勝ちました。


ラスボスを倒しエンディングへ。
隠しダンジョンとして裏次元が存在しているのは知っていたので、裏次元へ。
この時点ではまだホウオウモンは生きていました。
ALL6000・600以上と、シナリオ上の敵は普通に倒せるレベルです。

そして裏次元の最奥にいるムゲンドラモンとの戦闘へ。
私はムゲンドラモン戦のBGMが大好きです。
これほど燃える戦闘曲ってほとんどないですからね。
あとムゲンマウンテン・裏次元の曲も良いです…盛り上がります

ホウオウモンのプロミネンスビームで1発目は500前後のダメージ。
ムゲンドラモンはHP9999なので、これを20発当てれば…。
そう思った矢先、ムゲンドラモンはフルポテンシャルを使いました。
しかも重ね掛けです。
プロミネンスビームは200~300しか通らなくなり、ムゲンドラモンのサンダージャスティスで1200…ちょ、待て…
それからはジリ貧です。
ホウオウモンのHPは6000ちょっとなので、サンダージャスティス5発で落ちます。
こちらは40発はプロミネンスビームが必要…。


デジモンワールドではデジモンごとの固有技が必殺技として設定されています。
ムゲンドラモンのはムゲンキャノン。
…当たり前の話ですが、汎用技のサンダージャスティスの何倍もの威力があります。

つまり、ムゲンキャノンで7000を超えるダメージを喰らいました。
つまり、このホウオウモンでは、どう頑張っても耐えられません。



という感じで、デジモンワールドでのムゲンドラモンの話は終わります。


強くて怖くて格好良くて、ガチでやって負けたボスってことで印象に残りました。

この時点でかなり好きなわけですが、『好き』が確定したのはデジモンアドベンチャーでの話。




デビモン
・初代ボス。
・強い
・夢を操作して精神的に追い詰めたりするなど怖さもある
・エンジェモンと相打ちになるシーンの熱さは異常

エテモン
・強さよりもしぶとさが目立つ
・主人公のデジモンと括っていたグレイモンが手下にいたりとインパクトが強い
・倒したのに復活、しかもサーベルレオモンを一撃で倒したりする

ヴァンデモン
・強い
・実際の被害はトップクラスじゃないか
・現実が被害にあっているので想像しやすい怖さ



と来て、4体の究極体なわけですが…


ピエモン
・強いんだろうけど印象が薄い
・完全体に負ける

ピノッキモン
・強い印象がない
・本人が戦ってる場面の印象がない
・メタルガルルモンに一撃で…しかも倒されるシーンの印象が薄い

メタルシードラモン
・何やってたか覚えてない

ムゲンドラモン
・配下が格好いい(メガドラモン、ギガドラモン)
・上3体がお喋りすぎたので、寡黙な感じが印象に残った
・アンドロモンが関わってくる話ということでアゲ
・4体の中で主人公勢が頑張って何とか倒した感じがして良かった



という具合でした。
最初から究極体として登場する中で、格好いい要素がムゲンドラモンしか見いだせなかったんだもの…


なんていうか、メタルシードラモンって本当に何してたんでしたっけ(ぁ
他3体は思い出せるんですが、メタルシードラモンだけは思い出せない…


ピエモン
→ホーリーエンジェモンに倒される

ピノッキモン
→メタルガルルモンに倒される

ムゲンドラモン
→ウォーグレイモンに倒される


で、メタルシードラモンって誰に倒されたっけ…

というくらいに印象が残ってないです。


デビモン、エテモン、ヴァンデモンと来て次のボスキャラが4体で印象に残らなかったのも大きいですよね…。
私は強いボスキャラは好きなので、デビモン・エテモン・ヴァンデモンも好きなわけですが、この4体だとムゲンドラモン以外微妙な印象。
強いんだけど強さの描写がアレというか、そんな感じです。



ということで、アニメでもムゲンドラモンが好きだったわけです。


つまり、大好きだと。

そういうことです。



好きなデジモンを3体挙げるとすると、


ムゲンドラモン
ブラックウォーグレイモン
スティングモン


な私です。
スティングモンはシルフィーモンかエンジェモン、パイルドラモンに変わることもありますが、大体こんな感じ。

ブラックウォーグレイモンはムゲンドラモンと似たベクトルで好き。
メタリックな強敵って燃えますよね…!
スティングモンは見た目が好み、でも攻撃が地味で活躍も地味…何故だ
シルフィーモンはかっこよくてかわいくて最強に見える、デジモンカードでも所持してました。
パイルドラモンは純粋に格好いい、でもスティングモン要素が少ないってどういうことだ。
エンジェモンはデビモン戦のヘブンズナックル至高。




…あれ、脱線してきた気がする。


デジモン好きなんですよ…。

そろそろ据え置きで、デジモンワールド1作目のようなのをプリーズ…

コメントの投稿

非公開コメント

No title

メタルシードラモンはホエーモンの体当たりをくらってよろめいたところに鼻(?)からウォーグレイモンが回転して突入してビクンビクンなって散ったと記憶してます。
たしかウォーグレイモンの手のクローがドラモンキラーでドラゴンタイプのデジモンに強いとか何とか。

デジモンいいですよねー
自分はムゲンドラモンに挑む前のメタルグレイモンを倒した瞬間に相棒のヘラクルカブテリモンがお亡くなりになりました。
あの時は悲しかった。
結局友人に借りてたのでムゲンドラモン倒せなかったんですよね。

思い出したら久しぶりにやりたくなってきたぞ

No title

ああ、ドラモンキラー!
…ようやく思い出せましたorz
当時はどう考えてもシードラモン系列にしか効かない武器ってどうよ…と考えてました。
今思い返してもそうですね、ドラモンキラーとは何ぞや。

デジモンワールドでのボス戦前でパートナー死亡はありすぎて困りますorz
ボス前でセーブしようと寝かせようと待っていたら、寿命が来て…と。
ムゲンドラモンは何気に強いボスだと思います。
システム上、相手も同じステータスと技を使いステータス自体は相手の方が上になることが殆ど…そこでテイマーのアイテムや指示で!

…あら、私もなんだかやりたくなってきたぞ
>通りすがりさん
プロフィール
バトルロンド・ブログ

真散

Author:真散

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユグドラスラッシュ
さぽている
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。