スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロノスコラボとPrimitive Feelingsの話

記事が遅れた原因。


1.ド風邪をひいた

2.自転車の鍵が壊れた(自転車屋さん曰く1年やそこらでは壊れないはず、原因不明)

3.送金した金額が50円足りず、再度送金することに。結果送金する金額の10倍の送料がかかる

4.実家から消費するのが困難な量の肉が届く、しかも消費期限近い

5.Luc値の低さを再認識しテンションダウン



ということであります、理解せよ人間ー!


…それはさておき、コラボと新EXがほぼ同時に出たようなので、一緒に。




聖騎士『リヴァーレⅢ』
コラボEX4枚に言えることですが、元になったカードのバリエーションといった風合いになっています。
こちらは元のリヴァーレと同じく、Lv2でHP70/AT40/AGI3と非常に高いスペックを有しています。
ただし、元と同じようにデメリットを有しており、こちらは敗北エリアにカードがあっても発動します。
元のリヴァーレのように強制敗北ではないので、一応Lv2相当のカードとして使うことは可能ですが効率が良いとは言えません。
Lv3以上のタイミングで自分のエリアを消し飛ばせるカードと組ませるのが良いでしょう。
ビューティー・ラム辺りと相性がよさそうです。
もちろん、これは元のリヴァーレにも言えることですが。
勝利時にお互いのSPを1減らす効果が付いていますが、おまけです。
強制敗北はなくなりましたが、戦闘力を維持することが難しくなり、なかなか使い勝手が良くはないカードです。



黒戦士『フランシス』
元のフランシスの上位互換カード。
基本的にLHには上位・下位互換のカードは存在しませんでしたが、このカードの登場により初めて存在するようになりました。
HP70/AT40と元のフランシスより一回りサイズが大きくなり、対非優勢のアタック発動に墓地から2ドローが追加されています。
これにより相手が非優勢であると決め打ちできるならば、アドバンテージを喪失しにくいため、複数積んでも問題ないカードになっています。
また優勢黒ではアタック発動で自分強化&敵弱体化を行います。
これにより単体でAT100に到達できるほか、呪われた邪悪な鎧人形辺りに強いです。
本当にこのカードはLv5なのか?そう疑問に思いましたが、Lv5のようです。
つまりそういうことです。



戦乙女『カサンドラ』
元のカサンドラと違い、こちらは赤のカードを参照します。
また元のカサンドラと違い、AGI4で更にオープンで火力と速度の補強を行うため別個のカードとして考えた方が良いです。
1つ目のオープンは手札に赤1枚で20ダメージ。
これだけでは物足りないので、2つ目以降も狙っていきたいところ。
2つ目のオープンは手札に赤3枚でAT+20/AGI+1に、山札から1枚墓地に送りSP+1。
2つ目のオープンまで発動すると、優勢で120点非優勢で70点まで出せるようになるため、アタッカーとして活用しやすいです。
また擬似的な妖精の踊りもついており、赤が多くなるファイルで採用されやすい再生する森の火力補助も可能です。
単純に攻撃しながら圧縮可能として扱っても良いですね。
3つ目は山札12枚以下で20ダメージ。
全てのオープンが発動すると、優勢赤で140点非優勢で90点も出せるため非常に強力です。
問題なのは、ファイルがほぼ赤単になってしまうこと。
条件を満たせるファイルならば強い…そういったカードです。



人造賢者『グランヴェリオン』
元のグランヴェリオンから受け継いでいるのは、Lv8と後攻AGI2くらいなので別物と考えた方が良いです。
基本的にはバネットEXやミレリアの上位種的な存在で、ユニットに対応しませんが全てのグリモアに対応し、SPバックを行います。
Lv8のため、SPバックを妨害する手段がありませんが、普通に使う分にはバネットEXの方が使い勝手が良いです。
こちらはそれこそ、バネットEXでは対応できない高Lvグリモアの聖なる輝きや大竜帝の光などの方が良いでしょう(治癒なら癒しの神官の方が小回りが利く)。
あと地味にオープン30点が付いています。
あって不便なものではないでしょうが、そこまで重要なものでもないです。
これが後攻がなければ、優勢青でサージスに引き分けにされるということがなったわけですが、これもやはりそこまで重要では。




遺恨の騎士『ランクロッツォ』
オープンで相手にGETSPを献上する代わりに、GETSP分だけサイズアップします。
出すタイミングが困りものです。
序盤の高GETSPに投げる場合は確実にSPがカツカツになり、相手がデコイなら更にアドバンテージを失います。
中盤だと、このカードを迎撃できるカードと遭遇する機会が多くなりますし、やはりデコイで流されるときつい。
終盤のLP1同士くらいなら、GETSPはラフィーレなどの火力に代わってしまうため0にする効果が見込めますが、ただでかいだけ(しかもサイズが計算できない)ユニットをフィニッシャーに据えるのも…。
使い方としては、オープンで相手のSPを一気に増やせるため、魂の交換を仕掛けてみるのも一つでしょう。
こちらの消費が洒落にならないことになる点を除けば、相手のSPを6減らせる可能性が高いです。





月の申し子『ミフィラー』EX
オープンで2ドロー、ただし手札が5枚以上になると手札を2枚戻すことになります。
普通に使うと後で引くカードを知るだけに終わりますが、いろいろ悪用が可能です。
山札の上に戻すことを利用して、水の柱や撤退の策とのセット。
今までは燕のみが可能だったコンボですが、ミフィラーEXという選択肢が増えました。
しかしアタッカーとしては燕の方がAGI5と優秀な点には注意が必要です。
星の怒りとのセット。
単純に2ドローしたままになるため、追撃も容易です。
ただし魔術の使い手などの方が使い勝手がよさそうですが。
他にも手札消費が激しいファイルで、何か+ミフィラーEXで手札2枚以下の状態が作れるなら2ドロー可能です。
デイカーはLv4オープンで手札を1枚減らせるので狙いやすそうです。
などなど、いろいろ使い方が考えられるカードですので、工夫次第で面白いことが出来そうです。




呪詛の列葬『スティラーヌ』
SP分だけHPが増加しますが、SPが0になります。
混沌の三銃士『ガルディレア』 を思い出しますね。
GETSP頼りにしてもSPが一時的に0になるのは辛いので、終盤用になるでしょうか。
一応、妖精の踊りなどとセットでオープン後にSP供給は可能なので、終盤以外に使い道がないわけではないです。
アタック時に20ダメージと1ドロー、カウンターで20ダメージと相手SP-1。
SPをすべて支払っている割にはやっていることが微妙です。
例えばSP8支払い、HP120になったとして相手がLv3優勢の場合に2ターン目運勝負になります。
そう考えると、いくらなんでも払い過ぎでは…そう思えてなりません。
莫大なSPを用意して、HP300とかにしてもいいのですが、後が続きませんので、どうにもなりません。




失敗兵『ナレヴィーズ』EX
とんでもないサイズですが、オープンとカウンターで一気に弱体化するため、普通に使うのには向きません。
このサイズを何らかのカードで参照するか、オープンを避けて出すかといった感じになるでしょうか。
前者ならネリッサでザルグール以上の補正を得たりローズでATを貰うなどが可能です。
後者はユディットやミアンデルアEXで可能ですが、非常に運が絡みます。
敗北時の効果を目当てにしても良いのですが、Lv5のカードでやることなのかと疑問が残ります。




憤怒の魔竜『ジズディガ』
レイセイEXの上位種的存在。
優勢赤のみで発動するオープンで、ほとんど同じ動きをします。
1つ目のオープンは山札から赤のカードを全て墓地に送り、その分だけATを増加。
これは色々な使い方があります。
1.墓地に置きたい赤のカードを用意しておく
主に墓地の種族や枚数を参照するカードとセットで使う感じですね。
山札圧縮として使用できるわけです。
2.山札の大半を赤のカードにしておく
残りをレレイウなどの強力なカードにしておく方法。
これは欠陥品と似た使い方ですね。
再生する森を手札に持っておくことで、リカバリーが容易なのが強みです。
2つ目のオープンは優勢赤でAT2倍にし、AT分だけダメージを与えてATを元に戻します。
1つ目のオープンなしでもオープン80点は強力で、1つ目のオープンを合わせるとヴァッサークラスの耐久ですら焼き尽くすことが可能です。
非常に赤らしい感が漂うカードで、やることなすこと豪快です。
熱狂的なファンを生みそうな気がします。




怒りの武神『ディスタ』EX
王リヴェを不安定にした代わりに爆発力を上げたようなカード。
1つ目のオープンで山札からランダムで赤のカードを持ってきて、2つ目と3つ目でそのサイズを参照します。
2つ目のオープンはATを参照し上げる効果。
これだけなら他に使いやすいカードもあるので、3つ目も視野に入れておきたいところです。
3つ目のオープンは山札が10枚以下なら、エリアのカードのHPとATを加える効果。
2つ目のオープンと同時に発動するため、実質は勝利エリアのカードのHPとATの2倍を加えると考えていいです。
Lvで制限がかからないため、王リヴェにサイズで勝る可能性があるのですが、構築段階での工夫が必要です。
例えば赤のカードはディスタEX以外はサイズが大きいカードで固めるなどですね。
上手く構築できれば、使い勝手のいいフィニッシャーに化けるので、なかなか面白いカードです。




憤慨の魔女『ファルナーレス』
手札をSPとATに変換します。
Lv3タイミングで手札を0にできるため、大渦と相性が良いというか、大渦と組ませる以外ないと思います。
一応、Lv3タイミングで大量のSPを供給できるので、奇襲的にニコルを発動させたりできますが…後が続きません。



黒猫『フェルアン』EX
悪戯するフェアリーを使いやすく強化したようなカード。
相手にSPを渡し過ぎることがなく、削れる山札の最大値が増え、更に援護補正もつくようになりました。
ただし削ると言っても墓地に送るわけではなく、ドローなのには注意が必要です。
しかしこういったランダムは好かないのが中の人です。






総評。
元と比べてイラスト的に、
リヴァーレ<リヴァーレ(コラボ)
フランシス=フランシス(コラボ)
カサンドラ≧カサンドラ(コラボ)
グランヴェリオン>グランヴェリオン(コラボ)
こんな感じ。

フランシスは調整してほしい。
個人的には、黒蜻蛉の方のアタックを若干強化(成功時に相手SP-2くらい)し、黒騎士の方はLv6にするくらいで。
他はジズディガ使いたいのですが、EXはそろってないものをちまちま貯めて買ってるのが現状なんですよね。
今は破壊の存在が後1枚でコンプ…とorz

環境に影響があるのはやはりフランシスっぽいです。





そういえば、新EX発売時のフラッシュってなくなりましたね。
仮面とかのパックのときはフラッシュあったような…いや、なくなっても問題はないのですが、少しは時間稼ぎになるかと思いまして(笑

コメントの投稿

非公開コメント

今回のはど派手なカードばかり

目玉はやはりジズディガですよね。
ファイル構築面でも面白いです。

フランシスは転送と相性が良くて、転送ファイルが増えるかも。

今回のEXはデメリットを考えると、おそらくフィニッシャーとしてデザインされたカードだと思いますが、スティラーヌやファルナーレス程度の能力ではとても勝てませんね。

No title

カサンドラが褐色ですらないとかあまりにあんまりじゃないか・・・?

No title

ジズディガみたいに派手なのは面白そうですよね。
しかも直接的なアドバンテージにつながらない辺りが素敵です。

他もフィニッシャーのようですが、コストとリターンがリターンが釣り合ってない印象ですね。
とはいえ、リターンを強くし過ぎても、今度はあふれてしまいそうで怖いですが。
>ダスターさん


ほら、他所から来たコラボカードも、
「○○なのに××じゃない!」
という突っ込みに満ちていた可能性も…。

いやまあ、ユーニよりは原型を…五十歩百歩ですね、ええ
>じじいさん
プロフィール
バトルロンド・ブログ

真散

Author:真散

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユグドラスラッシュ
さぽている
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。