スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある気がしたような気にさせる

「~のような気がする」

という文に

「~のような気がする」

という文を繋げるとどうなるのでしょうか?
更に数を増やすとどうなるのでしょうか?


どこを修飾しているのかよく分からない構文が出来上がるぜ!ひゃっはー!


I think that I think so that.

というのがペーパーバックで出てきてどういう意味だ!
そんなことを思ったとか思わなかったとか、そんな気がしなくもない。



というわけで、そんな気がするファイルをつらつら。




2011y08m18d_202259492.jpg


スカリオンが入っているような気がするけど、アッシュの時点で黒はない。
ミフィラー2積みの時点で魔獣多い気がするけど、実は2枚しか入ってない。


スカリオン?
べロス?
黒い時点で私の評価が低いことに、何故気づかないのですか?(待


というわけで、相変わらず黒という選択肢が乏しい中の人です。


ファイルの動きは2種類あり、

1.戦士・剣士主体
2.ガーファス基軸のLv5型

という形になります。
単純に最初の手札から変えていくことが多くなりますが、中盤にガーファス通して動きを入れ替えるなんてこともあります。


2011y08m18d_211940820.jpg


何気にガーファスはLP回復カードで最軽量(転送除く)だったりします。
もちろんオープンで回復できませんし、勝利時に条件とコスト的な山札破壊がありますので使い勝手はよくはありません。
ただしオープンでの山札補充は条件付きですが優勢は選びませんし、山札6枚破棄も次の手を考えておけばメリットに転換することが可能です。

特に王リヴェとは相性が良く、6枚落として山札条件を満たし、勝利時に5枚補充することでデメリットを打ち消すことが可能です。
山札12枚時にガーファス→オープンで3枚補充→勝利時に6枚落とす→王リヴェで5枚補充(山札から1枚持ってくる必要があるので実質4枚)
こういった形になり、6枚落ちるデメリットが帳消しになることもあります。
もちろん、ランダムに6枚なので王リヴェが落ちることはありますが、そこはミフィラーでピンポイント回収が可能なため問題になることは少ないです。
ガーファスに聖域の鍵セットで、王リヴェなしでも最終的に減らす枚数を1枚に抑えるということも可能。

あと王リヴェを構える場合は、1枚積みの魂が重要な役割を果たします。
序盤で使った鋼をボトムに送り、確実にファイル内最大補正を得られるようにすること、ですね。
鋼が山札に3枚固まったままの場合は、回復の粉や人魚を山札に補充して追加ドローの補助にもなります。
一応、Lv5+ミフィラーの補助も可能ですが、狙ってやるには重いのが難点。


ガーファス勝利後はミフィラー活用もあり、Lv5主体に「なってしまう」ということで、動きが2種類になるわけですね。




構成成分の希釈作業とかなんとか。


1.鋼
戦士・剣士主体の動きのときのアタッカー及び王リヴェの餌。
特筆すべきところはありません。


2.人魚族の戦闘兵
戦士・剣士のドローサポート。
ユニットサポートとしては戦士・剣士成分のユニットに対し手が基本で、Lv5組みには重さもありあまり使わない。
ただしアッシュとの相性は非常に良いので、アッシュのサポートに使うことは結構あります。


3.ニコル
いつもならLv1デコイは2種類用意するところですが、デコイ枠が3枚になったのでニコル3枚に。
1枚残ればいいので、序盤から投げていく。
ガーファスで山札吹き飛ばして条件満たすのは結構ある。


4.回復の粉
採用しているユニットがHP+20が効果的なもの揃いであることと、妖精の踊りとは相性が悪い構築スタイルのため。
そもそも全てのカードを使いきるイメージで組むと、妖精の踊りのコストはきついんですよね。
聖域の鍵で補充しても良いのですが、効率が良いとは言えないため、狙ってやるほどではないです。


5.正義
Lv5成分。
分解怖いので、持っていると便利。
優勢青で出す場合は、青サポートは避けるのが吉。
失敗狙いで出すこともありますが、よほど有利な場面でない限りは狙わない方が良いです。
そもそも鏡剣士とフェリアいますしね。


6.ミフィラー
王リヴェ回収用カード。
Lv5サポートはおまけ。
墓地に回収対象のカードがある場合は、素出しでも損はしないため投げる。
相手の非優勢デコイを殴り倒せれば、きっちりハンドアドバンテージを稼げるのも魅力。


7.レイセイ
Lv3以下のアタッカーが欲しかったので。
フェリアとの選択で出す感じに。
分解が読めるならば、戦闘兵援護でまず勝てるのが強みです(Lv3以下+分解でオープン30+先攻AT40を倒せるパターンは非常に少ない)。


8.フェリア
レイセイとの選択で。
勝利エリアに鋼がある場合は積極的に。


9.盾兵
人魚成分に。
HP+60援護はあって損はない要素です。


10.鏡剣士
フェリアとの選択で。
勝利エリアに鋼があれば、HP70/AT50なので非優勢でも攻めていけるのが強み。
オープンダメージに若干の耐性がありますが、そこまで重要ではないです。


11.アッシュバース
メタユニットではありますが、勝利/敗北時の手札から1枚山札に戻すスキルが重要になる場面があることも。
単純に山札を減らさない点もありますが、手札に溜まった人魚・回復の粉を山札に戻すことで追加ドローの補助、鋼を戻すことで王リヴェのサポートといった具合に潤滑剤として機能します。
星の怒りにアッシュ+戦闘兵は鉄板。
勝利時にアッシュ+人魚+何かという手札を作れて、撃ってもらった方が有利になることも。
どうしても手札にほしい場合は、ミフィラーのLv5サポートを。


12.アベル
ファイルのアクセントに。
厄介なエリア発動持ちが多いので、それらを潰すために。


13.オートス
あると便利なオートス。
魔獣成分でもあります。


14.王リヴェ
基本事項は上記のように。
サポートは色々あるので、非優勢でも突っ込んでいきます。


15.サージス
あると便利な(ry


16.ガーファス
基本事項は上記のように。
墓地肥やしの手段として使えるはずなんですが、いろいろな人から断られるガーファス。
意外と優秀なカードですよ…ということで、次回もガーファス入りだったりする。
ちなみに勝利時に山札条件がついていることを生かし、オープンの補充を入れても勝利時に11枚以下にすることで山札補充としても使用可能。
あくまでも対山札破壊用の手段ですが。


17.大空の風
このカードのあるなしで、勝率が大きく違うことに気付いた。
高HPユニットが多くなる場合は、1枚突っ込んでおいて損はないカードです。
HP十分、火力微妙なガーファスを勝たせる手段にも。


18.聖域の鍵
ガーファスのコストを軽減したり、山札にあってほしいカードを戻したりと、縁の下の力持ち。
単純なサポートとしても高性能です。


19.死滅の護符
死の行軍者多いので。


20.魂
基本事項は上記の通り。
SPブーストとしての質は低いので、追加効果がメイン。






というわけで、妙なファイルでした。

最初の50戦の勝率:8割5分以上
後の15戦の勝率:3割前後

どういうことなの…?
ちなみに、後者の不運度合いは半端ないことになってましたorz


最高到達レートは1819か1821のどちらか。
ちょっと記憶があやふやですが、例によって黒なしでも勝てることの証明に(ry




というわけで、ガーファスでした(違


ガーファス結構優秀だから使ってみましょうぜぃ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
バトルロンド・ブログ

真散

Author:真散

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユグドラスラッシュ
さぽている
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。