スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名状しがたい騎士

そろそろブログを更新してしまおう。

これはある種の日記のようなもので、私のこれまでのプレイを振り返るのに必要なものだ。

どうしたことだろうか、ハードディスクが激しい音をたてている。

再起動を試みたが、いつまで待ってもシャットダウンが完了しない。

その画面で私は見たのだ。

何かつるつるした巨大なものが体を打ち付けている様を。

それは私などアリのようなものであると認識するだろう。

私は逃げ、いや、そんな、あの手はなんだ!

窓に!窓に!



ブログ更新者の手記っぽい何かより



2011y08m20d_154445355.jpg


騎士と神官を主軸にした探索者の一団だ。
高い連携と波状攻撃に優れているが、口にするのもはばかられるような大型ユニットに対抗する手段は少ない。
敵の信者が召喚に成功する前に、形勢を形作っておくことが得策であろう。
優勢を確保したら、星の怒りで信者どもの手札をおぞましい外ナル宇宙へと放逐するという手もある。

月公国の下級騎士は非常に有用な捨て駒だ。
おぞましい怪異の群れから逃げているようだが、彼の役目は怪異を身をもって受け止めることである。
それにより信者どもの呪文書に痛手を与えることが出来、場合によっては金品を強奪するなど素晴らしい活躍をすることがある。
神官団は暇を持て余したら彼らを支援する。





冒涜的な構築成分解釈


…この展開で書こうと思ったら、非常に疲れたので以下の文章は普通です。



1.真教の聖なる騎士

主力ユニット。
オープンドローとエリアサポート、自己強化に援護も出来るという万能さが売り。
ただしどれもそこまで強力ではないため、あくまでも連続攻撃の布石として。
王室付き神官団とのセットで、騎士とサポートの神官を引っ張ってこれるので連続攻撃がしやすいです。
終盤は援護として使用も。


2.王室付き神官団
メインサポート。
適当な騎士に付けてHPサポートとドローを行うのが基本。
AGI強化もされるので、小さくて多なる翼竜などの低HPユニットが見える場合は迎撃にも。
月公国の下級騎士とは相性が良く、HP強化でデコイ同士やLv3相手にカウンターを発動させやすくする効果があります。
勝てればSP2戻ってくるので、展開の合間には下級騎士セットをする形に。
オエステと王リヴェにも対応していますが、そこまで相性が良くない点には注意。


3.月公国の下級騎士
デコイ枠。
主に相手のデコイを迎撃してアドバンテージを取る形に。
ファイル中全てのエリアサポートを受けられる騎士なので、意外と高い戦闘力になったりするのもポイント。
聖なる騎士のエリアサポート+回復の粉でHP70に出来るのもポイント。
扱いは幽霊に近いですが、幽霊よりもアドバンテージを確保しやすく失いにくい点が強みです。


4.回復の粉
ドローサポート兼HPサポート。
とにかく手札消費を抑えてサポートをするのが連続攻撃の基本ですので、回復の粉が一番ということに。
性質上、下級騎士に付ける場面が非常に多いです。


5.魔法王国の偉大なる騎士
青枠の騎士。
他にアリアドネーや6人の聖騎士なんかもいますが、一番相性が良いのは偉大騎士ということで。
エリアサポートを受けられるため、通常のファイルよりも活躍の場が広いです。


6.長距離銃の騎士
赤枠の騎士。
赤は騎士が少なく、強力な騎士であるトルテは自分のエリアまで除去してしまうため相性が悪い。
そのためこのカードを、と。
基本は優勢赤用のアタッカーですが、そこまで強力なユニットではないのでエリアなどでフォローを。


7.オエステ
連続攻撃型なので、相手の手札が増えるためそれを利用する形に。
HPサポートは豊富ですが、エリアサポートには対応していない点には注意。


8.太陽王国の騎士隊長
主に中盤以降の騎士補充とエリアサポート。
エリアでHP+20/AT+20は強力であり、このファイルの勝ち筋の一つ。
序盤に引いてしまった場合は、適当な騎士を捨ててオープンで回収する形でもしよう可。
内容ばれても、どうせ騎士は種類がそこまででもなく、次のターンのHP+20/AT+20は無視できないものですからね。
あくまでも補助であり、ちょっとした事故要因でもあるため、2枚での採用。


9.ラステ
1枚はLP回復として使用しますが、2枚目は聖なる騎士のドローを確実にするためという意味合いが強いです。
そもそも連続攻撃型で、ラステを2枚も使うような対戦は負け試合です。
一応、聖なる騎士のエリアサポートを受けられますが、SP補充的な意味合いが強いです。


10.アベル
神官枠。
自分のエリアまで除去してしまうので、使い時は考えて。
よくやるのは相手がノーセットと踏んでの聖なる騎士と騎士隊長の回収、エリアサポートのない偉大騎士とオエステの回収でしょうか。


11.ガーファス
大型騎士枠。
といっても、火力は全く期待できないため、あくまでも高HPでLP回復可能な騎士扱いで。
騎士隊長のエリアサポートで非優勢でも何とか戦えますので、それ目当ても。
なんとなく入れましたが、あとあとサージスとオートスがいないことに気づいて抜こうかと迷ったカード。
でも面倒だからそ…げふげふ。


12.王リヴェ
ガーファスとのセット、赤の大型として。
参照できるカードのサイズはいまいちなので、サポートは必須。
ガーファスと王リヴェ抜いてサージスとオートスでいい気がするのは秘密だ。


13.レディ・アマリリス
連続攻撃→星の怒り→アマリリス
こんな流れを想定。


14.星の怒り
連続攻撃でLP差を作って、という形。
オープンドロー持ちが多く、サーチなしでも意外と手札に来てくれます。
ただし、ユニット性能とか色々な面で相手より劣っているのは明白なので、撃つタイミングは重要。


15.大空の風
そもそもLv4以下はなんとかなりますが、Lv5以上はサイズ的に無理なファイルですので。


16.解呪
なんとなくいれてみて、使い勝手を調べていたカード。
SP+3要らないですよね…うん。


17.死滅の護符
死の行軍者ピンポイント。
単純に負けても大丈夫な守備力強化として、下級騎士サポートも。




勝率は7割5分から8割5分。
最初の50戦は42勝だった覚えがありますが、それ以降は7割くらいの勝率だったため、こんな感じに。
連勝は10までしています。


騎士ファイルというより、下級騎士の性能チェック的な意味合いが強いこのファイル。
色が偏る相手へのプレッシャーは半端じゃないですね。
下級騎士+神官団+エリア聖なる騎士で、相手の古い城の死霊を喰って3枚落としてSP+2で敗北時もチャラになる、なんてことが結構ありました。

ただし一度見せると警戒されますので、そこはどうにかする感じで。
幸いエリア発動持ちが多いので、下級騎士を迎撃に来た相手を返り討ちにして、エリアに設置→次のターンもプレッシャー、という形にしやすいのもよかったです。


とはいっても、豊富なサポートがあるからこその芸当なので、普通のファイルだと下級騎士は採用厳しいですね。




まあ、そんな感じで久々の記事でした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
バトルロンド・ブログ

真散

Author:真散

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユグドラスラッシュ
さぽている
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。