スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jewelry Wars -聖戦乙女祭-の話


「新ファイルを作った後は運が良いんですよ。
で、10戦越えると運が悪くなります。
それはもうどうしようもないくらいに、まさに呪いですね、呪い」


ということを、某氏に話しました。


新ファイルの真教タッチ戦士・剣士の戦績の推移。

10戦9勝1敗

10戦10敗


どうしてこうなった


割とマジで呪われているのかもしれません。
運負け?確定負けの間違いでは?


ちょっと心が折れたので、イベント期間中ですが離れましょうかね…

あ、ダイヤモンド×2ゲットしました。
先の10戦期間中に。


…本当に私の運はどうなっているのだ…


雪晶鎧の騎士『アーノ』
隊長さん!アーノですよ、アーノ!
Lv5ですが、HP70/AT20と戦闘力は期待できません。
神殿騎士用のオープンともう1つのオープンにより、疑似的な呪縛の効果を発生させます。
ただし、Lv5タイミングですので、フィスターアやレイセイに勝てるわけではないのは注意が必要。
勝利時にサポートありならSP2戻ってきますが、これ自身に勝利エリア発動があるわけでもなく、神殿騎士でもないです。
イラストは好みなんですけどね…アーノだよ、アーノ!
としか言いようがないです。



太陽王国の聖戦士EX
太陽王国の聖騎士のバリエーションのようなカード。
自力でHP100になれる援護倍加はこのカードだけですが、肝心の援護倍加に厳しい条件が付いています。
条件付き援護倍加という事で、新緑の戦歌姫を思い出しますが、あちらは手札に指定の1枚なのに対し、こちらは3枚。
勝利/敗北エリア発動もあり、援護倍加としては初の自身による援護での倍加が可能ですが、どうにも使い勝手が良くはなさそうです。
ユニットとサポートで援護倍加が可能なので、援護倍加ユニット+このカードで、実質4倍にすることも可能ですが、このカードのオープンを合わせてもHP+30/AT+40、普通にHP+20/AT+20を倍加させた方が効率が良いです。



太陽王国の銃騎士EX
手札の白のカードを1枚山札に戻すことで、オープン50点。
ただしAT=0になるので、オープンで倒しきれないと、何らかのサポートがない限りはサンドバックになります。
この辺は雷光の翼竜と近いものがあります。
ただし、あちらはプロテクト付きですので、様々なコンボが考えられますが、こちらはただのHP50/AGI3。
何気にサポートで自分のユニットのATを0に出来るのですが、組み合わせる相手がいません。
オルヴァウスはアタックの条件をオープンタイミングで満たせるため相性が良いように見えますが、HP援護ではなくAT援護のため、結局AT0で固定できず。
初期AT0でアタック時に火力が上がるユニットとは相性が良く、黒の獣化病の一部と相性は良いのですが…Lv3援護+カード1枚は重いですね。



白き戦乙女『アイギナ』
今までのアイギナとの違いは、墓地の条件が白3枚以上になっている事。
自身が黒であるため今までのアイギナより若干条件を満たしにくいですが、白が濃いファイルで黒用のアタッカーが欲しい時などには重宝しそうです。
その場合のライバルは獣化病なわけですが、こちらは非優勢でもある程度戦えるのが強み。
ただし序盤には使いにくくなるので、その辺は構築などの工夫を。



月大公の漆黒剣士EX
ときどき現れる、手札に黒がX枚の時に真価を発揮するカード。
墓地ではなく手札ですので、かなり黒が濃いファイルに使用が限定されます。
近いカードとしては、メティスEXや月公国の女剣士が挙げられます。
メティスEXは漆黒剣士より火力に優れドローも可能ですが、条件が少し厳しい。
女剣士は漆黒剣士と同じ条件でAGI+1もされるため戦闘力はこの中で随一ですが、アドバンテージは稼ぎにくい。
漆黒剣士はアタック時と勝利時の両方でSPを削れ、その量も多い。
どのカードが一概に優れているとは言えないので、好みで差し替えを。



月公国の弓兵EX
罰の穴を内蔵したユニット。
強力なグリモア効果を内蔵している分、ユニットとしての戦闘力は劣悪でヴェルベットとLv以外が同じ数値になっています。
オープンで相手を即死(即死させるくらいのダメージ)させる点で共通点があり、墓地条件が入れ替わった存在と考えることが可能です。
ユニットに内蔵されていることで、打ち消されなくなった罰の穴とも。
勝利時にはエイジズと同じものが設定されており、とりあえず墓地掃除をしてデコイを潰す、だけでも十分アドバンテージを取れます。
Lv5、某地掃除となるとオートスというライバルがいますので、どちらを採用するかはお好みで。



誓いの黒炎『サルメ』
オープンで50点、ハンデス、手札の入れ替えが可能なユニット。
と書くと非常に強力に見えますが、手札の条件が非常に厳しいのが難点。
1つ目のオープンはハンデスが同時に発生するバーンなので、なるべく発動させたいところですが手札に黒4枚はかなり厳しい。
特に自身が赤のカードであるという点もネックになります。
2つ目のオープンはフェリーチェのオープンから条件を取り除き、勝利エリアに置く必要がなくなった代わりに30点になりドロー対象がランダムになった、というもの。
2つ目のオープンだけなら、他にブーメラン戦士など似た事が出来るカードは多数存在するため、出来るなら1つ目のオープンを合わせたいところ。
条件を満たせれば非常に強力ですが、といった感じです。
何気に初の黒ではない月公国ユニットです。



傭兵王国の精鋭騎士EX
エリア発動で入れ替わり、アタックでエリアのユニットのATを参照するカード。
傭兵王国の指揮官クラスのユニットでこのカードを勝利エリアに置き、入れ替われという事でしょうか。
そこで問題になるのは、勝利エリアに傭兵を置けるユニットの大半が、このカードより戦闘力が高くなりがちだということ。
このカードと入れ替わらないと勝てない、そんな状況でなければ入れ替わる必要がないため、そんな状況はどんなときだよ、という話ですね。
あるとすればvsラスアムくらいでしょうが、そんなピンポイントでメタを張らなくてもと思えてしまいます。
エリア発動無視で、単純な非優勢でも戦える傭兵として使うなら、他にも選択肢がいくつもあります。



傭兵王国の速射兵士EX
オープン20点とサポートを参照した能力変動、条件を満たすとプロテクトというユニット。
Lv2以下のサポートのみに反応し、3つ目のオープンの条件がAGI0なので、Lv2以下のグリモアを空撃ちすることでAT+20のプロテクトと考えていいです。
ユニットサポートも可能ですが、Lv2以下のサポートは無意味に近いので、Lv3以上を。
余った低Lvグリモアの処分に使えますが、これ自身のHPが20なため非常に脆いです。
エリアにHP+を置くなどの工夫が必要でしょう。
ある種、前回のEXで何枚か存在した「手札からLv1のグリモアを墓地に送ることで真価を発揮する」ユニットのバリエーションに近いです。



未来への一歩『ユースティア』
あわてんぼうのバリエーション。
イラストも飛行兵団っぽいので、多分意識されています。
あわてんぼうよりAGIが1低いですが、2も1も大差がないので気にしない方向で。
オープンは相手に2ドローされてしまう代わりに、オープン40点を出せます。
バーンで使う場合は他にアドバンテージを損失しないユニットは多数存在するため、相手に2枚引かせられるカードと考えるのが無難でしょう。
勝利時に2ドロー可能ですが、むしろ負けて2ドローしない方が便利という場面の方が多そうです。
山札破壊で全てのあわてんぼうを差し替えるのもありですが、その場合は自身のドローが後回しにされる可能性が高い点には注意が必要です。



魔法王国の魔導騎士EX
ある意味、魔法王国の魔法騎士のグリモア版。
手札に青のカードが2枚以上ないとスキルが発動しませんが、そこまで重い条件ではないため少し意識して青を多くするくらいで問題ないです。
サポートにグリモアがある場合、自己強化+1ドローと、魔法王国らしいスキルが付いています。
また勝利時にグリモアをサーチ可能であり、上手く通せばかなりのアドバンテージが確保可能です。
ただし通ればの話で、グリモアサポートで1ドローというのはそれなりの数存在し、それらはこのカードより軽いため、迎撃された場合のダメージはそれらに比べて重くなっています。
また、勝利時のドローを目当てにする場合、梟の賢者ならばオープンタイミングで可能なため、どうしても必要なグリモアがあるファイルならば、そちらを採用した方が無難です。
あと難点としては、魔術師/師匠級魔術師ではないため、それらに対応するグリモアを上手く活用できません。
など、いろいろ問題点がありますが、通ればアドバンテージが取れるため、全く使えないというものではありません。



魔法王国の晶騎士EX
騎士ファイル用のカード。
もちろん、騎士はこのカード3枚と始動用何枚かだけで、このカードを連打する戦術もなくはないです。
火力が不足しがちな騎士でこの火力は魅力的ですが、騎士ファイルはどうしても白が濃くなるため、他の色のカードは最低限に留められやすいです。
青の騎士は魔法王国の偉大なる騎士という強力なカードがあり、このカードを入れる枠があるかどうか。
特に同名サーチのオープンは強力であるとともにネックで、回復の粉などの例があるように、3枚投入してこそのものです。
となると、このカード3枚を挿しこむ枠が騎士ファイルにあるかどうか、という話になり、少し微妙ではという結論になります。
悪くはないんですが、どうしても枠の問題がのしかかります。






総評。
サルメのオープン、赤5枚とかで良いから黒条件取っ払って欲しいです。
アーノは…他のLv4以上の神殿騎士絡みの隊長と同じ末路みたいですね。

アイギナは黒と白の力を手に入れたので、次は開闢の力でも手に入れるんでしょうか。
もしくは墓地の炎とか使って、ヤタガラス呼び出して外道なことするんでしょうか。
そんなことしたら、即禁止カードですよね。

え、LHに禁止カードはない?


…あっても良い気がするんだ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>>傭兵王国の精鋭騎士EX
入替えを行うとメイリーンのダメージ減少を無効化できるのでその辺で需要があるかも。

No title

メイリーンの採用率を考えると、ラスアムの例でも書きましたがピンポイントメタ過ぎるんですよね。
確かに傭兵の隠し玉としてはありなんですが、現状で傭兵が活躍できるかは別問題、ということでやはり微妙だと思います。
>名無しさん
プロフィール
バトルロンド・ブログ

真散

Author:真散

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユグドラスラッシュ
さぽている
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。