スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竜考

先回の記事のように、竜ファイルを使いこんでいるので、竜ファイルについてダラダラ。


主に竜ファイルが出来ることと、主要なサポート関連です。



例によって例により、中の人が勝手にくっちゃべってるだけです。




サポートユニット関連の話


先回は竜についてあれこれしましたので、今回はサポートユニット関連を。
並び順は、竜乗り、赤竜国、その他という感じでしょうか。



竜乗り『ヴァッサー』


竜ファイルのフィニッシャーとして、もっとも有名であると言って過言ではないカード。
前のターンに竜を置いておく必要があるのが難点で、無理な置き方をすると普通にバレます。
ただし、バレても対抗できるカードはそう多くないので、強気で行くと良いかもです。

サポートとしても超強力ですが、重い点には注意。
サポートに使う場合は、ヴァッサー自体がLv6ですので、ヴァッサーで戦うよりも優れたユニットを選ぶ形になります。

具体的には、
1.優勢であること
2.Lv3以下であること
3.強力なスキルを持っている事

この3点を見ます。
このどれかを満たしているユニットを選ぶのですが、1はそこまで重要ではありません。
そもそもヴァッサー自体が条件を満たせば並みのユニットでは太刀打ちできないサイズですので、優勢だからとわざわざサポートとして使い、コストを嵩ませる意味はないからです。
Lv3以下であることというのは、分解を避けるため。
分解はヴァッサーが一方的に負ける数少ないカードですので、それを避けるのは重要です。
主に1と同時に満たさせる形になります。
強力なスキルというのは、主にLP2削りのことです。
LP2削りはサイズに恵まれてはいないので、ヴァッサーで大幅なサイズ強化をする、という形になります。

というような形で、デカイ竜から更にデカイカードに繋げて押しつぶす、というのがヴァッサーの仕事。
竜ファイルなら必須のカードですね。




黒竜の騎士『ミリア』


敗北エリアにカードを置けるカード。
ヴァッサーのように竜ファイルといえばというカードではないのですが、構築次第で竜のサポートとして入ってきます。
1つ目のオープンだけを満たすなら、ガルディレアでドローも同時に行う形にした方が良いです。
確かにサポートが使える利点はあるのですが、ミリア+何かで手札を2枚も消費してしまうのは、立ち上がりが遅くなりがちな竜ファイルだと痛いです。
あと竜ファイルにわざわざミリアを入れるなら、普通は敗北エリア発動持ちの竜と翼竜もセットで入れるでしょう。

主な仕事は、AT50/AGI4になりLv3ユニットを迎撃することと、エリア発動の+αですね。
最近では、優勢黒のカーリをタイマンでコストを抑えて勝てるユニットとしても活躍したりします。
+αの部分は、竜または翼竜で敗北エリア持ちのユニットとなります。
数珠、水竜、夜空翼竜しかなかったりもしますが(海上より飛び立つ翼竜はエリア発動を活用できない)。
数珠に関してはミリアEXとの兼ね合いになります。
こちらは消費が抑えられる(SP2分)ますが、火力は落ちサポートでは使えません。
数珠メインならミリアEXを選ぶのが無難です。
他2枚については、水竜は通常の竜ファイルなら普通に積まれるカードで、夜空翼竜はタッチ翼竜型なら同じく、というものです。
ミリアを採用するなら、タッチ翼竜型となるでしょうか。



黒竜の騎士『ミリア』EX


ミリアのバリエーション。
火力が一気に上がりましたが、置けるカードが竜限定になってます。

こちらの主な利点として、
1.タイマンでサージスにどの優勢でも勝てる
2.サポートに置ける
3.数珠とのセットが強力

この三点が挙げられます。
通常のミリアに比べると消費が大きくなりがちなので、どちらかというと終盤用になりがちです。
あとAGI3なのも場合によりけりです。
翼竜は弾に出来ないので、タッチ翼竜型では採用しにくいかもです。

ちなみに竜騎士ではなく月公国ユニットです。



2番目の竜騎士『リサース』


小型版ヴァッサー。

主な利点は、
1.Lv3であること
2.消費が抑えられること

この2点となります。
ヴァッサーと異なりサポートでは使えず、火力は出ますがHPは低いため非優勢で無双することは出来ません。
主な仕事は分解避けと、序盤用カウンター。
別に竜がなくても使えなくもないので腐りにくいのが強み。
しかしラフィーレ、シンシア、フィスと比べて優れているか?と言われると疑問なカードです。
特にシンシアとはやれることが被ってますので、フレーバー重視でないと採用しにくいですね。




竜眼の王『アインハザード』


どちらかというと、サポートというより竜参照でサイズ強化するカード。
両方のオープンを満たすことを考えると、タッチ翼竜型用です。
ただ、単純にオープンを満たすだけなら、トルテなどのカードで十分なのは事実。
勝利エリアを活用する形になるでしょうか。

勝利エリアを活用する場合は、これを勝たせて~となると対処されやすいので、直接置くのがベストでしょうか。
手札を補充し条件を満たしやすくしつつ、直接置けるフェティスで使う、のがベターか。
しかしこれを仕込むなら、サポートにも使えるカテリーナの方が良い気もします。



赤竜の神官『コレット』


竜用サポート。
条件を満たせば竜以外でもHP+40/AT+20/AGI+1のサポートとして使用可能という、割ととんでもないカード。
問題は条件で、重いカードが多数の竜が手札に3枚以上必要になります。
そのため、コレットを採用するタイプの竜ファイルは出だしが遅いタイプになり易くなります。
その分、強烈なフィニッシュ手段を手に入れられるので、その点は我慢すべきでしょうか。

小リティルとは条件を共有し、出だしが遅くなりがちな戦術と合致するオープンを持っているので、コレットを採用するなら小リティルも一緒にという形になります。



黒竜の暗殺者『ミュルナ』


赤竜国で現在唯一竜と関わりがないカード。
関わりがあるのは翼竜ですので、タッチ翼竜型で使用することになります。
優勢黒は竜ファイルだと薄くなりがちなので、そこを埋める形になるでしょうか。



銀殻竜の剣士『ダイソン』


コレットと同じ条件で自己強化+バーンをするユニット。
対カサンドラとしてデザインされたカードですので、主な仕事もやはり対カサンドラ。
あとはバズガーにも勝てますので、そちら目当てもありです。
他にはHP70でオープン30出せるということで、優勢白のラフィーレ、シンシア、フィス対策にもならないことはないです。

問題は手札条件と立ち位置が、あまり上手くかみ合ってないことですね。



蒼竜の魔術師『ミルドレオ』


勝利時のドロー目当てになるので、タッチ翼竜型での採用になります。
どちらかというと、待ち型ではなくアグレッシブに攻めていくタイプで採用するカードですね。
偉大騎士、魔術鎌にタイマンで確勝なのも利点です。
難点はLv5なので、対大型用カードに軒並み引っかかることです。



竜眼王の精鋭騎士


このカードに限らず、コレット以外の赤竜国ユニットは竜メインというよりも、赤竜国メインでタッチ竜・翼竜という感じのデザインになってます。
竜族ドロー目当てなら、槍兵の方を使った方がコストが抑えられ、サポートにも使える点で優れていると思います。
これを使うなら赤竜国でとなりますが、もはや竜ファイルではなくなってきますね。



竜眼王の槍兵


立ち位置的には、竜笛のバリエーション。
こちらが勝っているのは、

1.Lv3相当のスペック
2.Lv3サポートが可能なので、打ち消されにくい

という2点です。
竜笛はデコイとして出す形になり勝つことは期待できませんが、槍兵は一応Lv3相当の活躍は期待できます。
ただし手札に竜が3枚以上だと性質が異なるユニットになるため、ドローを期待するなら竜笛の方が良いです。



赤竜国の突撃兵


性質はダイソンに近く、条件もフルで満たすとダイソンと同じです。
ダイソンに勝る点は、

1.AT40になれる
2.援護可能

という2点ですが、1はそこまで大きな差にならず、2は竜ファイル的には嬉しくない援護パターンです。
またアタック時に30点でますが、手札1枚必要(しかも条件的に手札にあって欲しい竜)。
これを採用する理由は、竜ファイル的にはないです。
赤竜国でも…ないかもですね、ダイソンいますし。



竜笛の姫君


手札に竜が何枚という条件が多いため、竜族を引っ張ってこれるオープンは槍兵と同じように重要。
こちらはLv1のため、デコイとしての仕事をしつつドローが可能になります。
難点はドロー対象が複数の種族に分かれている事。
カーバンクルは入れなければいいので問題はないのですが、歌姫が入っているのは痛い。
これ自身のカードタイプが歌姫であり、竜が次のターンのために欲しいのに、これが手札に来たなんてことが起きます。
しかし、逆に言えば次のターンもこれでドローが出来るという事ですので、連続でドローが必要な竜ファイルに仕込む形になります。
例えば、バスタン主軸やアルィンド入り、ですね。
小リティル入りやコレット入りとは、相性は悪くはないですが良くもないです。



炎の嵐『バンデール』


明確に竜と関係があるわけではないのですが、初期から存在する竜ファイルのアクセントカードというわけで。
エリアのカードのサイズを参照するので、デカイのが多い竜ファイルだと真価を発揮しやすいです。
またミリアEXと相性が良く、勝利/敗北エリアの竜を参照し化物じみたサイズになることも可能です。

主な仕事は分解を避けつつ、そのLv3を狩ること。



魔物召喚士『ニーロ』


SP4で黒い竜のコストを踏み倒せるカード。
対象は死竜、死竜EX、数珠ですが、死竜と数珠はオープンが重要になるので通常は死竜EXとのセットになります。
低コストで竜を出せるのが重要で、次のターンにヴァッサーなどを構える際に嬉しい効果です。
竜ファイルはルザを出されにくいので、無効化されにくいというのも利点。
竜以外にもモンスターが対象に入ってますが、竜ファイルで黒いモンスターはまず入ってこない(ガルディレア入りで場合によっては彷徨う魔剣が入るくらいか)ので、無視してかまわないです。







とまあ、こんな感じです。


ディスタEXとかは、相性は非常に良いですが、竜と明確に関わりがあるわけではないので、と。
バンデールは例外です。

最初は『サポート関連の話』にしてましたが、これだとグリモアも入ってしまいます。
そうなると、竜と明確に関係のあるグリモアはない=竜と相性のいいユニットも入れる必要がある、ということで『サポートユニット関連の話』にしたという経緯があります。
なんといいますか、相性が良いカード上げてったらキリがねぇぇぇ!ということです。


誰宛なの?という感じがしますが、気にしない。


辰年なのに竜ファイル少ないなー、普通に強いのにー、といいつつ、了。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
バトルロンド・ブログ

真散

Author:真散

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユグドラスラッシュ
さぽている
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。