スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

可愛い顔してえげつない

デジモンワールド1のリメイク来た!
これであと1年戦える!


…と今さら情報を入手してテンションが上がっている中の人です。


やっぱりボスはムゲンドラモンですよねー
当たり前ですよねー
ファイル島なんだからさー

…やはりムゲンドラモン好きなのは変わってないようです。


それはそうと、主人公デジモンの進化集みたいなのを見ていると、どの主人公デジモンも格好良くて良いですね。
フロンティアの進化は、似たような時期にマシュランボーやってたせいで、マシュランボー?とか思ってましたが改めてみるとヒーロー然として良いです。

一番のお気に入りは、アグモンのワープ進化。
あの熱さは異常。
次点ではエクスブイモンとスティングモンのジョグレスですね。
こちらも盛り上がりという面では引けを取りません。


…まあ、ネフェルティモンへのアーマー進化で茫然とした仲間が多くて何よりでした。



そんな前置きはさておき、今回のは「ティン」と来て直感で組み上げたもの。




2012y04m23d_190351207.jpg


魔術師+ミク(というかウィルス)です。

ハンデス寄りの魔術師に、ウィルスホルダーによる大量ハンデス要素を加えたものですね。
そのためミクファイルと言ってしまうと語弊があるので、ウィルスファイルと言った方が良いかもしれません。


メイン戦術は各種魔術師とグリモア2種を連打し、ハンドアドバンテージとライフアドバンテージを確保。
そのまま攻め続けると、一般の魔術師ファイル以上に個々の戦力が心許ないので、ウィルスホルダーにより貯め込んだ相手の手札を叩き落としてフィニッシュ、という形になります。

歌姫カードは少なめですが、少ないからこそウィルスホルダーによるハンデスで相手は手札0、こちらは何枚か残存するという状況を作り出しやすくなります。
もちろんそうするためには、相手より多くの手札を確保する必要があります。
その場面を作るのが魔術師勢で、ドローとハンデスを同時に行ってウィルスが活躍しやすい状況を作る、という感じです。

ちなみに拡声者は大活躍しますが、盤剣と歌魔はぶっちゃけ枚数稼ぎです。
拡声者やコーネリアでボトムに送ることで、ウィルスのハンデス枚数を調整する運用が基本になります。
まあ、盤剣は足止めとしてはかなり優秀ですので、そういった意味でもつかわないことはないんですけどね。


時間凍結連打+コーネリアでのハンデスからウィルスホルダーに繋げると、割とえげつないことになります。
そもそもハンデスとはえげつないことをするものであり、えげつなくないハンデスはハンデスとしての価値がないと考えてもいいものです。
つまり、このファイルのミクは腹黒ってことで良いんですよね(違



構成成分の希釈的作業。


1.望遠の拡声者

デコイ兼メインドローユニット。
サポートにも使えるため非常に使い勝手の良いカードです。
これにより、ボトムに送った歌姫も手札に持ってこれますので、ガンガンボトムに送り込んでも大丈夫です。
とりあえず時間凍結とセットでぶん投げると、良い働きをします。



2.コーネリア

ファイルのキーカード。
先述したようにこのカードによるハンデスとウィルスホルダーのハンデス補助が可能です。
また、ドロー能力が過多になっていますので、かなり高速で山札が削れ、ウィルスホルダーぶち込んだらもう空になりかけることが多いです。
そこを補助するために、山札の微妙な修繕能力が役に立ちます。
そもそも山札0なら、次のターン引くカードを指定できますからね。
地ならし屋からのテル=ジラートの鉄筆とか、ブラウズディガーとか。
と、分かる人にしか分からない状況説明。



3.時間凍結

ドローとハンデスを一手に担うカード。
拡声者とセットで勝っても負けてもOKな状況を作り出せるのが強み。
実際はハンデスというよりタイムデストラクションなのですが、手札が減りウィルスで全滅させることが可能な状況にする意味でハンデス扱いで良いと思います。



4.掌握の雷

今回は3積み。
コーネリアメインで魔術の長槍が入らないファイルなので、火力補助に3枚。
手札減らせば、コーネリア、練達、ルビア+掌握の雷は非優勢でも止まらないってことが結構多いです。
拡声者とセットはいまいち。
そもそも拡声者は勝たせるカードじゃなく、出すカードです。



5.振う盤剣の担い手

歌姫の枚数合わせその1。
カード自体は悪くないのですが、ファイルの方構成としてはちょっと合わないので、拡声者でボトム送りかコーネリアのコストが主な仕事。
手札に拡声者含めてオープンタイミングで2枚以上の歌姫を確保できる場合は、普通に投げることも。



6.嬋媛なる歌魔

盤剣よりは魔術師なので方向性は合いますが、どうしたって火炎閃光以下になるので、枚数合わせその2。
サポート墓地送りなら積極的に使うんですけどねー…どうしてこうなった。



7.練達の魔術師

掌握の雷3積みが決定したので、特に相性が良いカードとして。
とにかくいぶし銀な活躍が売りです。



8.ルビア

手札が少ない状態でオープン60点は脅威ですよ?という担当。
雷雲を入れようかと悩みましたが、そもそも雷雲を上手く使えるのがルビアとぎりぎりウィルスホルダーといったくらいだったので、採用してません。



9.ウィルス・ホルダー

フィニッシャー。
どうにかしてハンドアドバンテージを取って、こいつをぶち込むのが勝ち筋。
まあ、たまにハンデスとバーン連打するだけで勝ってることもありますが、もともと設定した勝ち筋はこいつ。
オープンで火力が増強されますが、歌姫の枚数が少なく山札に寝かせておいた方が良いため、あまり火力アップは使いません。
そもそもウィルスで攻撃→相手手札0→ウィルス敗北、という流れがベストなので火力アップしてくれない方が良いことも。



10.ラスアム

すごく珍しくラスアム。
…主に何を入れるか困った挙句、なんですけどね。
例によって手札が少ない状態でのラスアムは非常に対応しにくいので、活躍しないことはないです。
ただウィルス後を考えると、死の行軍者増やしたりフランシス入れたりした方が良い気もします。
他の候補は、アニヒレイト・ドラゴンや勇者と聖騎士、回しにくくはなりますがルーベンスなんかも。



11.ラステ

回復というより、白のLv4として。
一応回復も出来るけど、普通に殴れるって扱いです。
ウィルス後は、そこそこ軽くてサイズは普通なユニットが活躍しますから。



12.聖竜

山札の補修が可能なので。
これは聖なる輝きについてもそうなのですが、ドローし過ぎた挙句にウィルスで一気に山札が減るので、自爆しそうになるので、それを緩和するためにです。
あと墓地に落ちた歌姫を回収し、ウィルスの威力を上げる役割もあります。



13.オートス

時間凍結とは相性が悪いですが、ウィルスとの相性はそこそこいいので。
罰の穴だと、ウィルス後にセットに出せるユニットがいなくて困ったりしますからね。



14.死の行軍者

墓地か加速度的に増え、疑似星の怒りをぶち込むことが前提のファイルなので。
サポートによる補正が期待できないファイルのため、自前ででかくなれるのは重要です。



15.サージス

対サポートやグリモア系、援護による高HPなどに対応しにくいので、それを食い止めるためのカード。
やっぱりあると便利なサージス。



16.聖なる光

これがないと山札破壊に為す術がないですよ?
他にもドローし過ぎの補填や、ウィルスの破壊力増強に。


17.聖なる輝き

グリモア版聖竜。
使い方はほぼ一緒で、こちらは回収のタイミングを選ばないのが売り。
ただし対グリモアで一緒くたに対処されかねない点には注意。




と、いう具合に歌姫を使ったファイルでした。

決して歌姫ファイルではないんですけどね…歌姫要素はドローとハンデスに集約させてますし。


まあ、今回は黒→白と来たので、青いのを作ろうとしたってだけだったりもしなくもないんですよね(笑
次は赤…うーん、クロノス版カサンドラが1枚しかないんですよね…
アレ使えないと、今までのと同じようなのになるし…うーむ。


まあ、いろいろ考えてます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
バトルロンド・ブログ

真散

Author:真散

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユグドラスラッシュ
さぽている
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。