スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

包囲される何か

対戦相手の方「白単!それは期待せざるを得ない!」

私「え…?そんな…出来が悪すぎるのに…」


という経緯で、失敗作なのに公開に踏み切ることになった元白単。


元?

そこは気にしちゃいけません。
最初は白単だったんですが、あとで白以外のカードを3枚ぶち込んだだけです。
つまりほぼ白単で間違いはないッ!

詭弁だとか言われそうですが、気にしていたら単色は組めないので、以下彼是。




2012y05m04d_031936804.jpg


ほぼ白単。
勝率は6割前後、ギリギリ5連勝したりしましたが、私にはやっぱり合わないようです。
実は何度もこういったファイルを組み上げては崩してるんですよね。
公開したのはこれで2度目ですが、何回似たようなのを組んでは崩してるか分かりません。


今回のテーマは、ずっと白のターン。
優勢白に変更するカードを絶えまなくだし、相手は非優勢でこちらは優勢の場面を作り続けるのが狙い。
変更はフェルラートで最大6回、夫婦で2回、ただし回収手段はそれなりにあるので実数はもう少し上です。

エリアにフェルラートで、言霊+祝福の勝率は中々。
白に変更されることを見越して白のユニットを出すと、HP90/AT40のプロテクト持ちとご対面。

夫婦援護は、相手のアタッカーを刈り取りつつSPを縛り、微弱な回収も行えます。
優勢変更はHP援護にもAT援護にもなりますので、なかなかの性能。
ただしアタッカー+夫婦の時点で消費が結構なものであるのは注意。
…まあ、単色で消費抑えて攻められるかって話ですが。


ザガールはEX、祝福はノーマル、リドはEX。
大ザガールにEXは存在しませんよ?



構成成分の遠心力分離的な何とか。


1.フェルラート

ファイルのキーカード。
ドローを行える数少ないカードなので、なるべく勝たせたいですが、そうも言ってられないのが実情。
祝福や言霊セットが勝率は高いのですが、SP5使うのでSP管理はしっかりと。
終盤は援護に使用します。



2.メイリーン

手札条件を満たさないとどうしようもないので、手札条件を満たせて時間を稼げるカードとして。
ニコルも悩みましたが、そもそも白単でニコルは啓示ラステで喰ってくださいと言うようなものなので、今回は抜いてあります。



3.ザガールEX

メインアタッカー。
フェルラートやルーミラEXを使い回すのにも役立ちます。
条件はフルに満たしたいですが、2番目の条件まででも優勢変更を交えれば立派な戦力です。



4.ルーミラEX

メインアタッカーその2。
サポートでの使用はよほどの事がない限りはしません。
非優勢相手にぶつけることが出来れば、SPを補填しつつの勝利が可能なユニット。
祝福セットで非優勢でもぶん投げられるカードです。
ただしLv5以上のバーンには要注意。
ミリアEX連打されて割と絶望したことがあります。



5.祝福

サポート兼貴重なドローソース。
白のドローだと他にサフィリアEXなんてのもいますが、そこまでサポートを潤沢に用意は出来ないので。
もともとサイズがでかくなるザガールEXとルーミラEXを非優勢に突撃させる際にも使用。
フェルラートと言霊と相性が良いです。



6.回復の粉

貴重な手札を減らさずにHPサポートが可能なカード。
他のSPブーストも考えましたが、フェルラートの条件を確実に満たすことを考えればこちらで。



7.太陽王と月大公

優勢変更用カード。
このカード単体では出さず、アタッカーのサポートが基本。
序盤に来ると事故りますが、これもファイルテーマ維持のため。



8.言霊を詠む神官

優勢変更カードとセットで使う強力なサポート。
フェルラートの位置によって、プロテクト判定のタイミングが違うのがミソ。
フェルラートセットの場合、相手が白だと発動しません。
エリアにフェルラートの場合、変更される前の優勢だと発動しません。
この違いを利用し、読み合いに持ち込む形になります。



9.リドEX

非優勢でもある程度戦える太陽王国ユニットで、しかも軽いとなるとこれしか思いつかなかった罠。
HP+60援護はメイリーンがありますが、ニコルと違って迎撃してもLP回復している状態ではないのは注意。



10.オートス

あれば便利なオートス。
タネがばれると、対サポート連打されることがほとんどなので、罰の穴よりこちら。
白いですし。



11.フランシス

優勢変更を連打する関係で、優勢合わせのユニットを出しにくくなる状態になるため。
またフェルラートセットでぶん投げると、結構な確率で即死が決まります。
問題は重いこと。



12.ディスタEX

最初はフランシスとディスタセットは入っていなかったのですが、単色では対抗できない相手が多すぎるということで。
主に白単だと延命型に対抗できないので、手札のグリモアを飛ばす必要があった、というわけです。



13.火竜

ディスタEXとのセットで。
手札に来た場合は捨ててあふれ出す魂で戻すか、普通に赤で投げます。
白単の動きだと、火竜に勝てるユニットはあまり出されませんからね。



14.あふれ出す魂

火竜のボトム送りと回復の粉の再利用、フェルラートのドロー期待。
前二つはそのままですが、フェルラートのドロー期待については、フェルラートのドローは山札の白のカードから1枚、そのためどこにあっても白のカードなら引かれる可能性がある、というわけです。
そもそもボトム出ない場所に戻しても、フェルラートを使うなら引く確率はそう変わるものではないですからね。



15.大ザガール

ユニット回収。
回収できるカードはそれほど多くありませんが、多くないからこそ何を引けるかが想定しやすい売りがあります。
サポートなしでもある程度期待できる戦闘力も売り。




というわけで、ほぼ単色でした。

まあ、単色だからこそ、弱点だらけってのは確かなんですけどね。
黎明期のほぼ黒単がトップメタだったというのは、あれは一種のジョークみたいなものでしたし。
単色がトップメタにならないのは、ある意味で環境はまだ何とかなるって話でもありますし。


あー、でも、秘宝は壊れてますよ、ええ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
バトルロンド・ブログ

真散

Author:真散

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユグドラスラッシュ
さぽている
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。