スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通過経過結果

とりあえず、先日の「まだまし」なファイルでレート1800越えたので、構成成分のなんとやらをやろうと思います。


実はまだしっくりきてないんですが、一応勝てるには勝てるので…これでいいのかなぁと云々。

やはり赤バーンは良いものです。
手札消費が半端ないですが、十分な弾薬装填が出来ているならば連続射撃で焼き尽せますから。
幸いにも唯一のオープンでサポート墓地送り系のメタカードが存在しない赤なので、対グリモアに気をつけるだけで済みますからね。

白=啓示ラステ
黒=ランドルフ
青=地面翼竜、正義(無効であり墓地送りではない)

といった具合です。
ランドルフはあまり見ないでしょうが、非優勢メタとしては小型相手ならランドルフの方がフランシスより信頼性は高いです。
ラウリアを確実に何もさせずに倒すこともできますね…そこまでする必要があるのかは不明ですが。
そんなわけで、赤サポートはやはり信頼性高いなと再認識する結果になったのでした、と。





2012y08m27d_175319378.jpg

2012y09m01d_163016489.jpg


ファイルの構成自体は先回と変わってません。
下のが現レートになります。



強襲する悪夢について。


特定の相手には突き刺さりますが、その他多くの相手には腐るカードです。
主に刺さるのは魔術師、神殿騎士、南蛮族でしょうか。
ヴァイオレットを使いきった魔法少女にも刺さらないことはないですが、普通にリリーなどを投げられていたら拙いことになるので使わないことの方が多いです。
遅行性のエリアでのデメリットは、使用する次のターンが優勢白ならデスブリンガーを用意しておくことで自然に回避が可能です。
そもそも刺さる相手にはデスブリンガーが有効札になりやすいので、悪夢からデスブリンガー想定でも問題ありません。
ただし神殿騎士相手には少々微妙ですので、デイカー+大嵐を構えておくくらいのイメージでないと使いにくいです。
ラストターンならデメリットはないも同然ということもあり、相手がLP1ならぶん投げても可です。
Lv3+分解なら引き分けになりますしね(そもそもこのファイルに分解を撃つ方が悪いですが)。




神無について。


強くなったけどハンデスを失ったエイジズ。

2012y08m15d_213736157.jpg

こういうファイルに刺さりますが、今回のファイルのようにバーンを積んだ相手には刺さりません。
悪夢以上に打つ相手の判断が難しいですが、優勢をある程度合わせてきている相手に撃つと丁度いいかもしれません。
エリア除去については、今回のファイルにはマイナスの効果を持つ悪夢しかエリア持ちがいないのでデメリットになりません。
出す優勢は青か白が良い感じです。
赤は単純にオープンバーン持ちが多く安定せず、黒はフェンリルやルザに勝てずコーネリア+掌握の雷という可能性も高いため出しに行けません。
白はフィスが怖いですが、フィスよりラフィーレの方が多いのである程度は出しに行けます。
青はそもそも対グリモア系が多いため、実はバーンの可能性が最も低い優勢です。
更に正義、アリアドネー、魔術鎌、俊足の剣士、Lv4蟹、レナリーと神無が有効な相手が多いのも追い風ですね。
ただし魔術師要素が少しでも見えた場合は、デイカーやディカールの条件用にお留守番が基本です。



戦術については、何度か説明した気がするので割愛。



構成成分の遠心なんとか作業。


1.アンティーラEX

修正を受け基本的には弱体化したアンティーラですが、このファイル的には強化されています。
確かに正義には勝てなくなりましたが、AGI5のため青サポートでも十分な速度を維持することが可能になりました。
そのため大嵐との相性が良くなり、Lv3+援護を主体とした相手に十分な戦力として扱うことが出来るようになっています。
ちなみにAT20/AGI5の関係上、大嵐セットでデスブリンガーに確勝が出来るようになっています。
それ以外では、魔術の長槍セットで山札にLv3以上のグリモアを戻しネレイスのサポートを行うこと、でしょうか。
炎の玉はアンティーラEXで使うのは微妙なので、他のユニットで。



2.シュナイザー

未だにシュナイダーと言ってしまいたくなるシュナイザー。
やはりファイブレードストームはかっこいいよね…!
とまあ、そんな理由です。
カードとしては、このファイルのメインアタッカー。
炎の玉セットでオープン70点+Lv2以下サポート不能をSP4で行います。
また魔法王国ユニットではありませんが、魔術の長槍とも相性がよく追加オープンなしでも問題なく運用が出来ます。




3.炎の玉

メイン火力その1。
対グリモアくらいでしか打ち消されない炎の玉は非常に信頼性の高い援護です。
セット相手はシュナイザー、アルフォンス、地面翼竜、デイカー辺りですね。
シュナイザーは先述した通りで、アルフォンスはデスブリンガーやサージスを素で貫けるバーンユニットであること、地面翼竜は炎の玉セットで地面翼竜同士のマッチングやカサンドラにも有効であること、デイカーはオープン40+30とシュナイザーセットと同等以上の戦闘力になること、でしょうか。
Lv3ですのでネレイスとも相性が良いです。




4.魔術の長槍

メイン火力その2。
炎の玉ほどの戦闘力は期待できないため、主に序盤用の火力です。
セット相手はアンティーラEX、シュナイザー、ネレイス辺りですね。
Lv1グリモアなのでネレイスのオープンとは相性が悪いですが、高HPになるネレイスとは相性が良いという、ちょっと矛盾した立ち位置です。




5.ネレイス

弾丸補充役。
Lv1グリモア3枚にLv3は4枚、Lv7が2枚ですので確率的にはLv3以上が敗北エリアに来やすいです。
ただし、引きによっては山札に魔術の長槍が3枚団子になってるなんてこともあるので、今まで引いたカードをよく確認して投げる、あるいはその対戦では使わない判断をするなどが重要です。
主にGETSP3以下で投げることが多く、魔術の長槍を引いても問題ないようにします。




6.大嵐

炎の玉で撃ちもらす援護をどうにかするカード。
炎の玉はグリモアサポート系列をだいたいどうにかできるため、残るのはLv3以上のユニットサポートになります。
それらをどうにかする存在が必要だったので、大嵐が投入されています。
主なセット相手は、アンティーラEX、シュナイザー、デイカー、アルフォンスでしょうか。
初期投資が重くなりがちなので、序盤か終盤のどちらかに使用という形になります。
出せれば消費は炎の玉以下ですので、大嵐を使って負けても立て直しは容易です。




7.強襲する悪夢

基本は先述した通り。
対戦しながら狙いを絞っておくと上手く命中させられます。
またオープンで墓地送りの関係上、相手のスキルを完全に封殺します。
そのため終盤に刺せると相手が対応する前に試合を終わらせられるため、狙い目は終盤と考えるのがベストです。
正直しっくりきていない原因ですが、仕方ない。



8.神無

基本は先述した通り。
こちらも狙える相手かそうでないかの見極めが重要です。
しっくりきていない原因その2。



9.ディアリー・シー

手札で腐り易い悪夢、神無、フォルテ、ネレイス、ルザ、再生する森の処理が可能なLv3。
ルザかディアリー・シーか、他のバーンかの選択で使っていくことになります。



10.オートス

あれば便利なオートス。
炎の玉を使ってると、相手の墓地が結構な勢いで貯まっていく不思議。



11.フォルテ

白い大型が欲しかったので。
サージスで止まりますが、その辺は仕方ない。



12.地面を歩く翼竜

赤い大型が欲しかったので。
シュナイザーを見せていると赤でサージスが出張ってくるので、そのサージスを潰せるユニットが欲しかったわけです。



13.デスブリンガー・エンジェル

このファイルも一応魔術師殺しの流れですから。
切ってつなぐ人に見える人がいなくもないです。



14.ルザ

この環境では、あれば便利なをつけても良い気がするルザ。
何だかんだで便利です。



15.アルフォンス

フィニッシャー。
ほぼ打ち消されない大火力バーン持ちというのは重宝します。
ヴェルベットラインほどまでには墓地が貯まりませんし、相手墓地10枚以上ならどこからでもサージスを貫けるのは非常に便利です。



16.ディカール

LP2削り。
手札条件は意外と満たしやすく、炎の玉セットで突っ込ませるのも容易なのでディカール。



17.デイカー・バズ

自分のエリア除去に条件満たせば40点バーンが付く素敵ユニット。
単純に炎の玉セットで相手のルザ、フランシス、各種獣化病をどうにかできるというのも採用理由になっています。
手札条件は満たしやすいですが、中盤以降になることが殆どのため、出番は少ないです。



18.サージス

あれば便利なサージス。
今回は1積みで、今までサージスが出ていたターンに炎の玉が出張るからという感じですね。



19.再生する森

回収対象は少ないですが、弾丸をハンデスなどで落とされた場合の保険として。
また稀に炎の玉を3発撃ちつくしてしまうこともあるので、その保険として。
あとネレイスでこれを引くと、赤が濃いというブラフにもなります。
ユニットの実数的には黒が一番濃く、赤いユニットは4枚しか入ってなかったりする。



20.メイリーン

治癒系とセット運用できるユニットがおらず、対サポート系をガンガン打たれそうなファイルですので、メインから軽減できるユニットが欲しかったというわけです。
援護としての使用は考えていません。






1積みが非常に多くなった関係上、メイン以外はとっかえひっかえが可能です。
そのため多分まだ改造の余地は十分ありますし、もっとしっくりくる形を探せる気がします。

それでもまあ、構築案に一通りの結果が出たということにしておきましょう、ええ。



次回…は気分次第で。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
バトルロンド・ブログ

真散

Author:真散

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユグドラスラッシュ
さぽている
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。