スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武装式神その3

今度からタイトルで分かるようにしますよ!


あと、先回大風呂敷広げたせいで、どうにも書きにくくなってしまったというのはキミとボクとの秘密だ!
某休みっぱなし先生も大風呂敷広のせいで、描けなくなってるんじゃないかと思ったりもします。


長く間をあけるとその分妙な期待が膨らむと思うので、さっさと書いておこうと思います(笑




武装式神とは、その名の通り武装した戦闘用の式神のことである。
通常の式神は波堕仮と呼ばれ、最近では主に武装式神の練習台として広く用いられている。
しかし、一部の陰陽師は波堕仮の状態を愛し、武装させずに法力などの能力を極めて高い水準まで高めた。
それらは、異種・波堕仮と呼ばれている。
白き幻影と渾名されるものが特に有名である。


そう、武装式神は戦闘用である。
動物型式神はその点において失敗であった。
陰陽師たちは強さとは何かを考え、二体の武装式神を精製した。
それらは例によって武装式神としては失敗であった。
まあ、陰陽師だから仕方ない。
だが、多数の陰陽師たちを『式神魔道』と呼ばれる、一種の中毒状態に陥らせた。

後世では、この二体の武装式神の誕生を『ルネッサンス』と呼ぶ場合もある。



砕火主。
一体のみしか精製されなかったため、何々型という型式名は存在しない。
当時交易関係にあった西欧諸国の子女を参考にした姿した武装式神である。
多くの陰陽師たちが足蹴にされたいと願う程の金髪碧眼の美貌であり、実際に足蹴にされた陰陽師は天国はここにあった!と叫んだと言われる。
性格は精製当時は素直な良い子と評されていたが、こういった経緯もあり性格は徐々に尊大なものとなった。
砕火主にとって陰陽師たちは自らに傅く下僕のそれと変わらず、また陰陽師にとっても砕火主の下僕であることは至上の喜びであったため問題はなかった。
主従関係が逆転していると揶揄されるが、陰陽師だから仕方ない。
戦闘能力は究極の一と評されるほどのものであるが、戦闘行為を一切行わない。
主に剣を扱うものと思われるが、下賤の者の血で汚れることは砕火主にとって許しがたいことであるためだ。
そのため、砕火主は場取論道では下僕の陰陽師たちに戦わせ自らは優雅に茶を嗜む。
場取論道は本来は武装式神同士が戦うものだが、砕火主のみは例外で下僕の陰陽師たちすべてが一体の武装式神を蹂躙する。
相手の武装式神を倒した者だけが砕火主に足蹴にしてもらえるとあり、血走った眼を隠すことなく突撃していく。
何度も言うが、陰陽師だから仕方ない。
二体目以降が精製されなかったわけではなく、実際には二体目以降も少数ながら精製された。
しかし、一体目の砕火主は二体目以降の砕火主の存在は認めぬと陰陽師たちに命令を出した。
故に二体目以降は存在しない。
そう、存在しない。
二体目以降が精製されたことがある経緯は酒に酔った何某が適当にでっち上げたものであり、事実無根である。
そう記載しないと、この部炉愚が消えてしまう。

必殺法力は『高位の存在』
ただ立っているだけで、あらゆる災厄から守られる。
しかし、一度使用すると周囲の陰陽師が逆鼠算式に減っていくため、あまり使用されない。
下僕の数が多くなり、邪魔になってくると使用される。
倒れた陰陽師は天にも昇る表情で、まさしく天に昇っていく。
その際、砕火主の歩みの邪魔をすることで蹴り飛ばされることが可能である。
現在においても、理想の死に様の最高位であり、陰陽師の陰陽師たる所以を見せつけてくれる。



姫。
砕火主と同時期に精製された武装式神で、砕火主と同じく一体のみであるため型式が存在しない。
美しさと強さを兼ね備えた理想的な美人を目指し精製したら、ただの姫になってしまったというお茶目な陰陽師たちの作品。
西欧諸国の子女の容姿である砕火主と純粋な日出国の美人である姫、そのどちらを支持するかで陰陽師たちの意見は真っ二つに分かれている。
そのため、どちらがより素晴らしいかを同人作品で宣伝することが陰陽師たちの間で流行し年二回の『文書市場』が開催されるに至る。
中には(自主規制)や(自主規制)、(自主規制)などを扱ったものがあり、あまりにも酷いと、それらの作者は次の日には江戸湾に浮かんでいる。
近年の任侠者の連想として定着している『江戸湾に沈めるぞ!ごるぁ!』はここから来ていると言われる。
姫は直接の関連はないと言われるが、時折見せる背筋が凍るような笑みに疑念を抱くものがいるが、翌日には忘れている。
陰陽師だから仕方ない、と思いたい。
『ちゃららー!ちゃららー!』という曲を流してはならない。
たとえ、使用する得物が太刀と小太刀であってもだ。

必殺法力は『縁故』
姫に逆らうもの全てが体験する法力である。
避けることは出来ない。
だからといって、『ちゃららー!ちゃららー!』という曲を流してはならない。
(自主規制)した挙句、(自主規制)され、最終的には明日の朝刊に載ることになる。



これら2体の式神は多くの一般人を陰陽師の道へと引き込んだ。
そのため、陰陽道を納めていない新参の者が武装式神の精製に挑戦、多くの場合が失敗に終わった。
この過程で生まれたのが、燦蛇である。

燦蛇は姿形はそれぞれ違うものの、共通している点が一つだけある。
それは民家の竈から侵入し、何らかの痕跡を残すことである。
その痕跡はその時々によって異なっており、その家の者が喜ぶ場合もあれば恐怖に陥る場合もある。
如何にして竈から侵入しているかは定かではないが、その様子が蛇の動きに似ていることから『燦蛇』と名付けられた。
後世では『輪愚』という活動写真で似た存在が描かれているが、あちらは家の者に害を為すだけであるため混同してはならない。
欧米では『燦蛇黒子』と呼ばれる黒ずくめの男が民家に押し入り、家主の許可を得ず勝手に品物を置いて差うという事例が報告されている。
その後、請求書が届いても無視した方が良い。
品物に関しては一定期間保管した後、家主の判断で処分することが可能である。
『蜘蛛乃巣』を用いて商品を購入した場合も、『鋼輪不』と呼ばれる制度で送り返すことも可能である。
困った時は消費生活中央に相談だ!

燦蛇の中には気立ての良い美人が少なからず存在するため、気にいった燦蛇は家から逃さないようにと罠を張る者も存在する。
まあ、日出国だから仕方ない。




砕火主と姫は多くの陰陽師を魔道に落とすことが出来たが、武装式神を普及させるには至らなかった。
また、燦蛇の急増に伴い市井の不安が広がっていったため、古波では公式に武装式神を精製する旨を発表した。








と、なんか妙な方向に暴走してしまったよ!
自分でもこれでいか良く分からないよ!

まあ、私だから仕方ないよね!
(○○だから仕方ないというのは本当に便利な言葉です)

コメントの投稿

非公開コメント

No title

第3弾キター!!

どんどん陰陽師がMに染まっていく・・・まぁ陰陽師だからs(ry

あれ、結局まともに戦える式神が第1弾しか居ないような…?w

バトルロンドではあんなに美人なのに…orz
突っ込みどころ満載の文を有難うございます!

確かにこの弾は原型と量産版の差がありますが、無かったことにさr(ここからは海水でにじんで読めない

No title

可愛いは正義なんですよ!
まあ、そういうことだから仕方ないです(笑

え、砕火主は戦えますよ!
ある意味最強ですよ!
だって、1対100とか普通に勝てるはずが(ry

突っ込みどころの多い文章がお好きだと思いましたので、これはないだろう!と思いながら書きました!
ぶっちゃけ、これって結構疲れる作業です!
でも、私だから仕方ないですね!

ほら、燦蛇は結構まともな…住居不法侵入な貞子多数発生と言う事実は見ない聞こえない
>吹雪 香さん
プロフィール
バトルロンド・ブログ

真散

Author:真散

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユグドラスラッシュ
さぽている
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。