スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当初の予定なんて知らない

修正時の記事のコメントで、
「神速サージスやろう」
というのを頂いて、竜ファイルの改良も煮詰まりつつあったので神速サージスやろうとファイルを組みました。

最終的に神速もサージスも抜けて、エルシィファイルになりました。


どうしてこうなった



2013y03m05d_220354007.jpg


神速サージスやろうとしていた面影を感じ取ることが出来たら、その人とはお友達になれると思います。

…たぶん無理でしょうけど。

神速サージスは手札消費が激しいので、対少女アトロポリスを試しに入れてそれで賄おう

対少女と相性が良いエルシィを入れよう

神速が邪魔な気がする…

神速とサージスを抜いた方が強いファイルになるのでは?(今ここ)

この流れですね。


内容的には、アトロポリス+対少女の最後(最期ではなく最後。場面的に最期の方が良い気がする)のお試しというのに、エルシィをくっつけた様な感じになっています。

アトロポリスとエルシィは、それぞれ山札にあって欲しいカードが存在するので、プラーミァを投入しています。
両方ともLv3のカードが山札に欲しいとかであれば、深雪なんかでも良いんですけど、アトロポリスは自身(Lv3)、エルシィは急降下する翼竜(Lv4)ですので、仕方ない。

対少女の最後と相性が良いのは、アトロポリスとエルシィのみ。
メイリーンでも場面次第ではセット運用出来ますが、主にレレイウに対して引き分けに持ち込むためのものですので、下策も良いところです。
アトロポリス+対少女は、SP消費なしの2枚コンボで2ドローという有名どころですね。
エルシィ+対少女は、SP1消費でHP70/AT40/AGI4のオープンとエリアで20点ずつバーンが飛び1ドロー出来るLv3ユニットが手札2枚使って出てきます。
そこまで広い範囲を倒せるわけではありませんが、とにかく両方とも消費を抑えつつ山札の圧縮が出来る強みを持っています。

エルシィの翼竜を勝利エリアに配置する動作は、まず翼竜を1枚ドローしてからですので、サポートグリモアさえあればセット相手がいなくても使えます。
この辺りが他の神矢真水やフィエルテなんかに比べて優れているところなんですが、サポートがかなり限定される上にサイズもそこそこにしかなりません。
そのため、アタッカーとして使うには少々心許ないのですが、そこを高Lvグリモアによるサポート封じをセットで使うことで改善が可能です。
これにより、グリモアさえあれば序盤から終盤と場面を選ばずエルシィが活躍できます。

対少女エルシィで運命を乗り越えるエルシィ、禁断の書エルシィで呪文書を使い魔法を唱えるエルシィ、大嵐や雷雲でエルシィの奥義とか頭の中で考えながらやると滾るのでお勧めです。


ちなみに急降下する翼竜は、火山から飛び立つ翼竜と入れ替えることが可能です。
その場合、対少女エルシィでオープンとエリアで50点、雷雲エルシィで70点出るようになり、エルシィで倒せる範囲が少し広くなります。
ただドローが出来なくなり、火山から飛び立つ翼竜の重さから小回りが効きにくくなる(急降下の方は普通に出すこともある)ので注意が必要です。
今回、呼び出せる翼竜を1種類にしたのは確実に計算できるようにするためで、そうする必要がない場合は2種類以上の採用も検討出来ます。
ただその場合、呼び出したい対象を手札に持っていないと不安定になります。



構成成分の遠心なんとか作業。


1.アトロポリス

対少女の最後セットでのドローがメイン運用。
1枚は残しておいてアグニの援護に使うのが吉。


2.エルシィ

ファイルのメインユニット。
どういうわけか、エルシィのためのファイルになっています。
手札に急降下翼竜が溜まっている場合は、禁断の書で山札に戻しつつエルシィでドローという形にすると、新鮮な手札を多く供給出来ます。
GETSP3以下くらいなら独壇場になりますが、それ以上は厳しいのでドローに徹するか他のユニットにお任せが基本です。
分解に非常に強いので(Lv3以下+分解でエルシィに勝てるパターンは非常に少ない)、エルシィを意識させながらアニヒレイトなんかを出すのがこのファイルの基本的な動きになります。


3.急降下する翼竜

3積みなのに、あまり場に出ないユニット。
山札に溜まる分には問題ないので、プラーミァで戻す対象になるパターンがほとんど。
というか、このカードを山札に戻すためにプラーミァを温存することもあるほど。
ユニットとしては、アドバンテージを取れるようになった代わりに戦闘力が落ちたヘルキュレイスのようなもの。
Lv3相手に出しても勝ち目がそうあるわけでもないのが玉に瑕。
特に青で出した場合、魔法王国の格闘家には普通に負けますからね。


4.対少女の最後

SPブーストですが、対象を選ぶため事故りやすいカードです。
プラーミァで戻す対象その2。
20点のバーンがついているので、対少女アトロポリスはデコイに普通に勝てるドローサポートになってたりもします。
またエルシィセットでもこのバーンは重要ですね。
ただし禁断の書もそうですが、打ち消されると致命傷になりかねないのは注意が必要です。


5.プラーミァ

山札にあって欲しいカードと、たくさん欲しくないカードが積まれている場合、このカードを採用しない理由はないですね。
序盤はグリモアサポート前提のユニット2種がメインなので、サポートなしでも戦える点は重要です。


6.アニヒレイト・ドラゴン

山札を高速で掘り進めるので、山札11枚の条件は容易に達成できます。
エルシィが苦手なユニットの大半を焼き払えるユニットですので、相性の相互互換が可能です。
ただしルザには五分になるので、ディアリー・シーとバズガーが同時に採用されてたりもします。


7.禁断の書

エルシィ用サポート。
たまに手札に3枚急降下翼竜がいたりするので、その状態でもしっかり山札を2枚削れるようにするために使います。
そのまま使っても損はないので、余裕があれば他のユニットセットでも使います。


8.ディアリー・シー

主な役割はルザ対策というのは先述した通り。
腐るカードも何枚かあるので、コストには困りません。


9.ディカール

墓地肥やしもドローと同時に行いますので、こちらも運用しやすいカードです。
雷雲セットで非優勢でも。


10.オートス

あれば便利なオートス。
罰の穴エルシィも悩みましたが、流石に弱点増やすだけなので、こちらを。


11.バズガー

対ルザ・アグニ用カード。
エルシィで倒しきれない範囲をカバー出来ますので、結構重要なカードです。


12.アグニ

最近はあれば便利なカテゴリに入れて良いと思うカード。
アトロポリス援護で出せるようにすると決定力が高いです。


13.デスブリンガー・エンジェル

1枚枠が空いたからというのが割と本当の理由。
メタ対象はそれなりに広く、魔術師相手にはクリーンヒットしますので、あって損はありません。
これ以上グリモアを増やしたくないですしね。


14.メイリーン

高Lvグリモアばかりですので、アグニがどこからでも飛んでくるようなファイルです。
そのため、治癒2より治癒1のメイリーン1の方が安定します。


15.レギナ

急降下翼竜が3枚墓地に落ちると完璧にエルシィが腐るので、それへのケアとして。
あと優勢白ならアグニ単騎では倒せないサイズというのも採用の理由です。


16.ルザ

エルシィで倒せない範囲のユニットとして、フェンリルがいます。
援護なしなら問題になりませんが、中盤以降なら援護がついていて普通ですので、こちらを。
ルザはディアリー・シーに弱いですが、エルシィはディアリー・シーに強いので(ただし対少女の最後セット以外。火山翼竜が居るように見せればまず出されませんが)、相性の補完にもなっています。


17.大嵐

エルシィがフィニッシャーになるためのグリモアその1。
一応、ディカールやアニヒレイトともセットで出せるSPがあれば相性が良いです。


18.雷雲

エルシィがフィニッシャーになるためのグリモアその2。
こちらもディカールやアニヒレイトと相性が良く、特にディカールセットは常套手段です。


19.治癒呪文

Lv5グリモアなので、エルシィと相性が良いです。
ただアグニを出したくなるファイルなので、治癒を使う場合は余裕を持って。




という感じのファイルです。

何だかんだで5連勝→負ける→5連勝→…という感じに勝てるファイルです。


エルシィを見た事がない方も多いようで、奇を衒うという意味では結構効果的なようです。
ただしエルシィを難なく迎撃できるファイルとは相性が悪いので、そういった相手には大型連中で対処することになります。

あと使っていて思ったのは、アトロポリスは大分ファイルの自由度を制限する、ということですね。
妖精の踊りや失敗のように、ユニット相性をほぼ選ばないSPブーストと違い、対少女の最後は相方を選びます。
そのため、普通のファイルならユニット+SPブーストで攻められる場面でも、対少女アトロポリスだとSPブーストをセットできません。
SPに窮する場面も多くなり、なかなかユニットを出せなくなります。
まあ、消費なしで2(敗北時は3)ドローですので、それだけのデメリットはおって然るべきではありますけどね。
…エルシィと相性が良いので、このファイルだとさほど使い勝手には悩みませんでしたが、アニヒレイト+SPブーストで追撃に備えたい場面でも、SPブースト出来ないというのは辛かったですね。




さて、次回は魔法少女のようなものになる予定です。

のようなもの、の理由はヴァイオレットが投入されていないため。
以前作った青黒魔術師タッチ魔法少女の現代アレンジ版と言っておきましょうか。
…これで、半年くらい前にオファーが来た魔法少女ファイルを達成できたということにしましょう…そうしましょう…



ちなみに、竜ファイルは勝てますが、何か付け足したい気分ですので、追々になります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
バトルロンド・ブログ

真散

Author:真散

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユグドラスラッシュ
さぽている
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。