スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法少女臭がする

約2週間空きましたが、いつもの事なので気にせず。


中の人はTRPGリプレイ動画が大好物です。
読み物としても面白いので、没入性が高いのですが、読み物としての面白さを高める編集をしている関係か非常に長くなるのが難点ですね。
長く楽しめるという意味では利点でもありますが。

…しかし、1から追おうと思うと何日も掛かるので、誰かにお勧めとかはし難いんですよね…うーむ。
1話20~30分で50話とか超えますからね。
4クールかよっ!?ってくらいですからね…むぐぐ
それも何種類かありますしね…。


まあ、そんなこんなで、今回は魔法少女ファイルです。
前後の脈絡がないのはいつもの事なので気にせず。



2013y03m16d_233227085.jpg


魔法少女臭がします。

支援型、コーネリア、隠密型、破棄再生の時点で魔法少女ですよね。
そうに決まっています。


主な動きは、魔法少女or魔術師ユニット+破棄再生or時間凍結でハンデスとドローを行うというものです。
この動きは全て消費SP3以下ですので、GETSP関係なく攻められるのが強みです。

1ターン目
支援型+時間凍結
2ターン目
コーネリア+破棄再生
支援型エリアでコーネリアサーチ、破棄再生でコーネリアが捨てたものか時間凍結と支援型回収

といった動きが出来れば理想ですが、この流れ以外でも魔法少女とハンデス&ドローの連鎖は可能です。
支援型はコーネリアをサーチするために使い、破棄再生もコーネリアを使い回すために使います。
コーネリアのコストは時間凍結や破棄再生が捻出しますので、回し方次第ではコーネリアを毎ターン出すことも可能です。

LPアドバンテージは出来るだけ取りに行かないと勝ち目がないので、出せるカードがあればどんどん出します。
LP差がつけば、あとは相手の攻め手に合わせて陰陽師を合わせ、まともな援護を出来ないようにするようにすればいいだけですからね。
その状態でのアニヒレイトやアルフォンスは対処の術がほとんどないため、強力なフィニッシャーとなります。

勝率は7割から7割5分くらい。
初見殺し成分が強いので、同じ相手に当たると大分厳しいですね。



構成成分の遠心分離なんとか。


1.支援型

魔法少女/魔術師のカードタイプを持つユニットの中で最も軽いユニット(ノゼは追加でSP1必要)。
更にエリアによる補助も出来るので、積極的に出しに行くユニットです。
手札に魔法少女がなくても、墓地にあれば破棄再生で確実にサーチも活用できるのが強み。


2.コーネリア

ファイルのメインユニット。
メインユニットで最も戦闘力が高いのが、コーネリアです。
そのため普通に攻められると弱いんですよね。
不死・霊体ハンデスと似た悩みですが、あちらよりも更にサイズが心許ないです。
ユニットとしてはオープンでの確実なハンデスと、オープンの手札コストは破棄再生の勝利/敗北時回収を確実に利用するための布石にもなります。
回すと分かりますが、コーネリアが過労死する勢いで使い回します。


3.隠密型

コーネリア以外のハンデス持ち魔法少女として。
山札15枚以下の場合は、コーネリアのコストや破棄再生で回収→SP還元という動きが基本です。
山札16枚以上では、破棄再生セットでのアドバンテージ稼ぎが結構えげつない。


4.陰陽師

非常に珍しい陰陽師3枚体制。
LPアドバンテージを稼げているなら、あとは陰陽師連打で決定的になる場合が多いです。
またSPブースト狙いで出すこともありますし、時間凍結セットなら損はないので適当に投げる場面も多いですね。
ベンテンとの差は追加オープンですね。
山札削りはあまり発動して欲しくありません。
理由は、こちらは色々な手段で山札を掘り進めますが、相手は時間凍結で停滞させるという状況を作り、こちらだけアニヒレイトを利用出来る状況を作るのが理想形のため。
そのため、ベンテンの山札を1枚墓地に送る追加オープンは邪魔なんですよね。


5.破棄再生

メインドローサポート。
SP消費なしで2ドローは規格外の性能です。
これでコーネリアがくるくる回ります。


6.時間凍結

メインドローサポートその2。
こちらもSP消費なしで手札を2枚差付けられます。


7.アニヒレイト・ドラゴン

安定と安心のフィニッシャー。
まともなサポートを確保出来ませんので、単体で戦えるユニットは重要です。
またグリモアを多く使う関係上、アグニに勝てるというのは強みですね。


8.治癒呪文

LPアドバンテージを確保してから、そのアドバンテージを利用してじわじわ勝つ形ですからね。


9.アルフォンス

アニヒレイトだとオートスに五分になるパターンがあるので、オートスに勝てるこちらも採用。
バーンは相手の墓地だけ依存ですので、アニヒレイトとは条件が異なるのも良いですね。


10.ノゼ

魔法少女/魔術師ユニット。
ただ優先順位は他の魔法少女3種には劣ります。
支援型エリアで優勢青でノゼはそこそこ優秀ですが、基本的に4枚目以降の支援型やコーネリアのような扱いになります。


11.オートス

単騎運用可能な大型であると同時に、あれば便利なオートス。


12.バズガー

対アグニ用カード。


13.サージス

あれば便利なサージス。
止められない範囲が増えましたが、主なドローサポートは止まるので採用。


14.メイリーン

対アグニ用カードその2。
手札が十分なら、時間凍結セットもありです。


15.ディカール

まともなサポートが確保出来ませんし、自分の墓地はかなり貯まりやすいファイルなのでディカール。
レレイウだと安定しませんし、アマリリスも似たようなものですしオープンハンデスが自分に刺さりますからね。


16.アグニ

最近はあれば便利なカード。
こちらも単騎運用可能な大型というポジションですね。




という感じです。

実に魔法少女臭がします。
このファイルは魔法少女ファイルですよね、間違いない。

ちなみに最初はアスタ入りで調整していたのですが、相手の手札が4枚以上の条件をあまりにも満たしにくい(満たしていても陰陽師で十分な場面が多い)ので、抜いてあります。
場合によっては、魔法少女の姉妹も採用圏内なのですが、確実性がないので今回は採用してません。


…これで、魔法少女ファイル作成の話は完遂で良いですよね。
いつの話かはっきりしませんけど。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
バトルロンド・ブログ

真散

Author:真散

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユグドラスラッシュ
さぽている
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。