スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浮かぶ試作

相変わらず間が延びるときは延びるブログです。


今回は試作品の話。

そこそこ勝ててはいますが、あくまでもそこそこ。
片方はチャットで使うような話になったもので、もう片方はなんとなく組んだものです。




2013y04m13d_180309582.jpg


その1、観測者型魔法剣士。


チャットで観測者は書いてあることが強いんだよねーという話になり、試しに組んでみたファイルです。

観測者は条件を満たせば墓地肥やしとドローが出来、援護も可能なので腐りにくいカードです。
条件を満たせば修正前姫花と遜色がない動きが可能であり、更に墓地を肥やす動きも可能なので魔法剣士と相性が良いカードです。
ツバキとセットで使うと、山札から3枚選択で落としつつドローも可能と非常に高速で墓地条件を満たしに行くことが可能です。
そのため、事故らなければ5ターン目にはデスラスタの条件をフルで満たすことも難しくはなく、普通に回すと10ターン目には山札0になりかねないファイルです。

ただし弱点があり、赤と青それぞれ2枚以上という条件の厳しさから、とにかく構築上の制限が多いです。
また実際に運用する場合も、どちらか片方の条件しか満たせないどころか、どちらも満たせないこともそれなりに起こります。
更に魔法剣士に観測者用の調整をする関係上、どうしてもファイルの枠がありません。
デスラスタを運用するなら魔法剣士は最低11か12枚は欲しいですし、観測者は次の観測者をドローした方が効率が良いカードなので観測者を3、3枚目が無駄にならないように人魚を追加で1枚…となるとこの時点で枠の大半が埋まりますから。


観測者型魔法剣士の利点として、とにかく墓地肥やしが早いので、オートスや罰の穴からのリカバリーが非常に速い事が挙げられます。
墓地0枚からでもツバキと観測者があれば一気に墓地に魔法剣士を5枚貯めることも不可能ではありません。
そのため、速攻を仕掛ける→オートスなどで対処される→即座にリカバリー、といった形がこのファイルのパターンになります。

もちろん安定性の面では観測者型でない方が高いです。
観測者の分だけ他のカードを投入できますし、色を偏らせる必要もありませんから。


観測者の使い方は、

1.デコイ

片方でも条件を満たせば非常に低コストで出せるユニットです。
リードを確保したいファイルなので、その低コストさを存分に活用できます。

2.サポート

主にツバキ・ビズール用のサポートです。
どちらも墓地肥やしをしつつ、序盤のアタッカーの役割を担うユニットです。
HP援護も相性がよく、グリモアではないので無効化されにくいのも利点です。
デスラスタの条件を満たした後は、デスラスタやアグニのサポートとしても転用できます。
ただ山札がその時点でかなり削れているので、条件の調整をする必要があります。

といった感じの簡単なものです。
魔弾の射手、短弓の捜索者との差別化要素は、HP+40の援護である点とSP1で山札を2枚減らせる点でしょうか。
両方の条件を満たせば両方の良いとこ取りのようなユニットになるので、条件が満たせるかどうかがかなり大きいカードです(バーンがありませんが、デコイ相手ならサイズで勝る)。


条件さえなんとか出来れば強いカード。
それが人魚族の観測者です。




2013y04m13d_180316489.jpg


そういえば、下方修正受けた後にグランヴェリオン使ってなかったなと思って作ったファイルです。
その2、どこからでもグランヴェリオン。


以前作った機兵ファイルに近いですが、こちらは姫花と灼熱王の採用を止め、とにかくグランヴェリオンでなんとかしに行くファイルです。

XXXと掃除屋で山札を削りつつ、LP差がつかないように調整します。
途中で魔術の使い手を使いSPも多めに確保するのが基本です。
XXXでお互いの選択肢が削れていきますが、タイマンならグランヴェリオンのアタックが発動しやすくなりますし、調整師がいるので重要なカードの回収も容易です。

Lv6以上はプリムの対象に入ってしまうので、グランヴェリオンオンリーで。
アグニが採用できないのは痛いですが、持久戦に持ち込みながらグダグダにするのが目的なので、他のファイルほどアグニが重要になるわけではありません。
取る戦術の関係上、山札が削れてから本格的に動きますので、アニヒレイトを2枚採用。
これはグランヴェリオンの弱点である分解、プリムの弱点であるオートスに対しある程度の有効打を与えることを目的としています。

調整師援護はXXX、掃除屋と相性がよく、どちらもコスト以上の働きが期待できます。
グランヴェリオンセットだとSP10使いますので、グランヴェリオンの援護に使いたい場合はプリム+調整師にする方向で。

このファイルはグランヴェリオン修正前なら1800以上をキープするのも容易だった気がしますが、今だと1750前後が関の山でしょう。
グランヴェリオンでLP2以上回復できないので、終盤に一気にLPアドを手に入れ、それで圧倒することが出来なくなっていますから。
それでも、グランヴェリオン、プリム、アニヒレイトの三択はなかなか強烈ですので、それなりには勝てますね。




とまあ、そんなわけで、試作品の話でした。


今は先日のLv4ビートの変形版を使用中。
そちらの公開は気が向いたらですね。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

調整師のオープン回収かなり便利ですよね 観測者デッキ考えてるんですが全然まともなデッキにならないです 難しい

No title

調整師は、その名の通り色々な調整に便利ですよね。
援護も強力なので、とても良いカードです。

観測者に限らず脱光の面子は条件が厳しいですからね…。
色を散らせば何とかなるカサンドラと違い、2色で組み上げる形になるこの手のユニットは難しいです。
>birizumiさん
プロフィール
バトルロンド・ブログ

真散

Author:真散

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユグドラスラッシュ
さぽている
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。