スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく豪快に

某氏から「ヴォルンディーヌ使おうよー」と言われたので、即興で組んで速攻で調整しました。

当初の構想とはだいぶ違う形になりましたが、とりあえず依頼達成と言うことにします。



…まあ、気が乗ると大体こんな感じなんですけどね。





2013y04m24d_155316125.jpg


最初は戦士・剣士タッチでした。

戦士・剣士の時の構築は、エラミアと太陽王国の剣士長に竜眼王の槍兵と人魚族の盾兵が戦士・剣士要素でした。
エラミアと槍兵でドローしつつ墓地を貯め、ヴォルンディーヌに繋げる(槍兵がヴォルンディーヌをサーチ出来る)構成ですね。
こちらも大分特異だったと思いますが、思いっきり事故る(一応勝てましたが)ので、竜一本に。


基本的な動きは、SPを貯めつつガーファスを途中で通し墓地を一気に貯め、それをヴォルンディーヌでアドバンテージに変換する形になります。
かなりLP回復要素が多いですが、ガーファス→ヴォルンディーヌの動きが成功するとかなり早いターンで勝負を決めるファイルになります。
小リティル要らない気がしますが、その辺はおいおい調整していきます。
どう考えてもこの人が小リティル大好きなだけなんですけどね。
調整するなら、山札を自分で削ってしまうタイプのアタッカーが良いと思います。
ただし、ツバキだと使用感が微妙(墓地を貯めれば動けるのではなく、墓地を貯めてヴォルンディーヌを通したら動けるファイルのため)なことが分かりましたので、他のを探すことになりますけど。

回り出すととにかく豪快な動きになります。
ガーファスが一気に山札を削り、それをヴォルンディーヌが一気に回収。
SPに一気に変換し、ヴァッサーが飛んでくるわけですしね。
初見殺し成分はかなり強いと思います。



構成成分の遠心なんとか。


1.小リティル

今回のファイルだとあまり活躍しないリティル。
そちらかというと、ヴォルンディーヌで回収した時の見せ札のような役割になっています。


2.アニヒレイト・ドラゴン

安心と信頼のアニヒレイト。
ガーファスで一気に条件を満たしにいけるので、3積みでも問題ありません。


3.魔術の使い手

とにかくSPが大量に必要なファイルですから。


4.妖精の踊り

墓地に大リティルやメイリーン辺りを落としておくと、ヴォルンディーヌで有効牌の回収が出来るようになります。


5.ガーファス

キーカード。
これを通して墓地を一気に貯めれるかどうかが勝負の分かれ道。
SPに余裕があるならLPに余裕があっても出しに行きます。


6.ヴォルンディーヌ

キーカード。
墓地の枚数だけドロー出来るようなものなので、消費SP10も帳消しになりやすいです。
そのため、出すタイミングは低GETSPが基本です。


7.ヴァッサー

竜ファイルならとりあえず入れとけというカード。
やはり援護での使用がメインです。


8.解呪

SPをゆっくりダメージドローで確保していくファイルではないので、追加のSPブーストとして採用。
主にガーファスを特攻させるためのカードです。


9.レギナ

ヴォルンディーヌが通ればガーファスのデメリットは帳消しですが、通らないこともあるので、それへのケアとして。
戦闘力がそこそこ高いので、無駄にはなりにくいカードです。


10.大リティル

手札条件の調整がしやすく、ヴァッサーに繋げやすいカードです。
またミリアEXの弾丸としても有効。


11.オートス

終盤にヴォルンディーヌを出す場合は、オートスで墓地を掃除してからがベターです。


12.レレイウ

竜ファイルならこれ、というくらいに必須カード。
墓地条件はガーファスが何とかします。


13.メイリーン

事故が怖いファイルなので、安全策として。


14.アグニ

アグニヴァッサーは至高。
ミリアEX援護もかなり強力です。


15.ミリアEX

数珠を呼び出すためのカードではありますが、援護としても使用します。
レレイウの墓地調整をしつつ、負けるパターンなら数珠に入れ替えということも可能。


16.数珠

ミリアEXとのセットで。
ユニットとして出すことは少ないですが、ヴォルンディーヌで相手のSPが溢れることもありますので。


17.サージス

あれば便利なサージス…とは最近いかない模様。
ヴォルンディーヌを出すタイミングを計るのにちょうどいいカードです。


18.大竜帝の光

山札の補修用として。
SPがかなり掛かりますが、ヴォルンディーヌが通れば割と何とかなります。



という感じのファイルです。

とにかく豪快な動きが売りですが、その分だけ大雑把ですね。
強力なカードを相手にも使い回される可能性があるので、きっちりアニヒレイトで焼くかサージスで止めるかすることになります。
そういった意味で、サージスは必要なカードです。



とまあ、こんな感じで良いんでしょうかね。


そしてこの記事を書いている間に、修正告知が出てて笑った。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ガーファスなんていましたね・・・。
速攻で墓地肥やせそうで良さそうです。
どうも持ってないカードは見落としがちになってしまいます。
やはり他の人のファイルを見るのは参考になります。
しっかり調整したうえで再公開してもいいのよ。

ヴォルンディーヌを使っててアグニヴァッサーの気持ちよさを知ってしまいました。安心感が凄い。重いけども。
ほぼ毎回出てきますし。

No title

再調整したらガーファス3積みになったのよ。
普通に勝ててますし、連勝もきっちりできてます。
即興で組んだ方が下手な調整を加えるより安定するタイプですしね。

ちなみにこのファイルだとアグニヴァッサーよりレレイウヴァッサーの方が多いですね。
ガーファスで一気に墓地を肥やす→アニヒレイト→レレイウヴァッサーという流れで速攻を仕掛ける形で初見殺し出来ますから。
>huriaさん

No title

レアリティ高っ
魔術の使い手が奥ゆかしく感じられます。

修正考察も楽しみにしてますー

No title

EXのレアリティは、高いのか低いのかで感覚が変わってくるかもしれません。
ガーファス型のヴォルンディーヌですと、キーカードがヴォルンディーヌ(☆5)とガーファス(☆4)、相性の良いアタッカーにアニヒレイト(EX)にフィニッシャーサポートのヴァッサー(☆4)ですので割と仕方のない面もありますけどね。

魔術の使い手がナイスカードなのは間違いありません。
高コスト連打が基本となるファイルでは、彼女以上の縁の下の力持ちは存在しません。

修正話については気長にお待ちください。
都合の良い解釈をすれば、じっくり丁寧がモットーですから。
>せーどるふさん
プロフィール
バトルロンド・ブログ

真散

Author:真散

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユグドラスラッシュ
さぽている
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。