スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ再開に関して

お久しぶりです。
シン・アサヒナあるいは真散です。

ライラの件で特に反応を見せることなく姿を消してしまい、申し訳ありません。
私事ですが、非常に忙しい時期が続き明日こそはお返事を…と思いながらもなかなかPCを開く時間も取れずお返事が伸ばし伸ばしとなりました。

コメントを頂いた方で名前を記入してくださった方には、アリーナで対戦した機会にお礼を申し上げました。
しかし無記名の方は、どなたか判別することが難しく、お礼を申し上げることが出来ていません。
また記入してくださった方の中にも、アリーナでお会いすることが叶わず、お礼を申し上げられなかった方もいらっしゃいます。

既にコメントを頂いてから長い時間が経過している事も鑑みて、コメントによる返信が目に留まらないのではと考え、最新記事の冒頭でのお礼とすることにしました。


ライラの件では様々なご意見ご感想お叱りを頂き、ありがとうございました。
今後も何かありましたら、無記名でも結構ですのでお伝え頂けると幸いです。



以下は今後のブログについてです。



今後のブログの更新頻度は休止以前の週1からかなり間延びします。

理由としましては、冒頭で述べた私事はまだ終わっておらず、いつまた忙しい時期に戻ってしまうか分からないためです。
週1での更新を続けると宣言してしまうと嘘になってしまため、更新頻度は不定期とさせていただきます。
それに伴い新規カードや修正されたカードの話を取り上げるかどうかは、その時期の私の余裕次第とさせていただきます。

ブログの再開とカードについての話をまた頼むといった応援を何通か頂きました。
本当にありがとうございます。
送って頂いた方のご希望に添えるかは未知数ですが、ゆっくりと以前のような形に戻していけたらと思っています。




そして今回の内容ですが、最近色々なファイルを回している中で、地雷として機能しそうなものです。
幾つか試作品がありますので、そちらもある程度なんとかなりそうなら公開していく可能性があります。


2013y09m28d_130843561.jpg


月公国による山札圧縮からリョウによる奇襲に繋げるファイルです。
現在のレートは1820ですので、地雷ファイルとしてはそこそこいける部類だと思います。

月公国の精神兵団は、山札の月公国ユニットをコストに月公国ユニットをサーチ出来るカードです。
これにより精神兵団→精神兵団→女聖騎士と繋げることで、月公国のドローが途切れないようにすることができます。
リョウからの歪んだ女神官のための墓地に黒5枚をこうした動きで満たしつつ、LPアドバンテージを奪われにくい動きを狙って行けます。



リョウについて。



AT10以上かつLv3以下のユニットを敗北エリアに置き、アタック時に入れ替えが発生します。
このとき、入れ替え対象のユニットのオープンが発生しないため、何らかのデメリットオープンや条件オープンを無視することが可能です。
しかし優勢補正は掛からず、援護やエリアなどの補正を受けることが出来ないため、手札2枚と不確定な条件を満たして、それでいて使う価値のあるカードを厳選する必要があります。

そこで今回のエリアに配置するユニットとして選択したのは、歪んだ女神官、フローレンス、レレイウです。


歪んだ女神官は言うまでもなく、三銃士ノゼを召喚するためのカードです。
敗北エリアタイミングでの召喚で、その配置はLv3オープンタイミングなので墓地条件を満たせば炎魔人EXにどのタイミングでも勝つことが可能となります。
また優勢赤以外のアニヒレイトにも確定で勝ち、優勢赤でもATサポートなしなら勝つことが出来ます。
分解で排除されて入れ替えが阻害されることがないため、この使い方ならガルディレアやミリアよりも優れていると言えます。
勝利エリアに三銃士ノゼがいる場合は、リョウで敗北エリアに歪んだ女神官を配置することで墓地条件を無視出来ます。
また山札に三銃士ノゼがいなくとも、勝利エリアにいる場合は同じ動きで召喚出来ますし、墓地にいる場合でもあふれ出す魂でサポートが可能です。

フローレンスは、リョウによりオープン条件を踏み倒すために使います。
手札に黒4枚以上の条件の判定はオープンタイミングであり、それ以降で場に出せれば条件を無視できます。
アタックには条件がついていませんので、リョウが1発耐えられるならばAT70で殴り返してLP回復を狙う事が出来ます。
70点では一撃で倒せない場合でも、既にリョウが相手のアタックを受け止めているパターンがほとんどですので、2ラウンド目のAT110も受け止めることが出来るユニットはそうはいません。
特に低GETSP時に効果を発揮する入れ替えであり、SPブーストセットで出すことで低コストでの回復が可能です。
もちろんフローレンスの手札条件を満たすことは、このファイルならばある程度可能ですので、リョウが手札に来ない場合に狙うこともあります。

レレイウは、奇襲的にLP2ダメージを狙う為のカードです。
オープンタイミングをすり抜けて出すことが出来ますので、メイリーンを貫通してLP2ダメージを叩きこむことが可能です。
メイリーンのオープン回避はレレイウ以外でも可能ですので、炎魔人EXとリョウの2択を相手に迫ることが出来ます(そもそもリョウを警戒している方はごく少数ですが)。
SP確保してからのメイリーン+大竜帝の光をピンポイントで潰す動きが出来るのが、リョウからのレレイウです。
一応歪み振れた神官→レレイウや集団の暗殺者→レレイウでも可能ですが、そこまでのパーツを仕込む余裕はないです。


ちなみに対戦での調整中の段階では、リョウでの召喚対象として、月公国の漆黒剣士EXやアフェミナ、月夜に潜む殺意EX、幽霊が投入されていました。
これらのユニットは低GETSP時に相手を見てから出すことが出来るアドバンテージユニットとしての側面が強いのですが、どうにも単体で使いにくいため今回の構築となりました。
漆黒剣士EXは手札条件の面で重い面が多く、アフェミナも同じくですね。
殺意EXはフローレンスよりも低コストでLP回復が出来ますが、そもそもHP20以下が相手でないと狙いにくいです。
またフローレンスと違ってユニットとしての活躍は期待できません。
幽霊はメタ次第で入るかもしれませんが、今回のリョウは中盤から終盤にかけての奇襲(序盤から中盤は月公国のアドバンテージユニットがメイン)ですので、タイミングが合わないため見送りました。
説明にもあるように、今回のリョウは炎魔人EXとメイリーンを同時にメタるためのユニットですから。




構成成分の遠心分離的作業。


1.月公国の精神兵団

このファイルのメインドローサポート兼墓地肥やし。
墓地に送るカードは、精神兵団と女聖騎士のどちらかであることが多いです。
精神兵団→精神兵団→女聖騎士→銃兵と繋げると、どのユニットもハンドアドバンテージを取れるレアな黒展開が可能です。


2.妖精の踊り

山札圧縮兼SPブースト。
墓地に送るカードは、妖精の踊りか各種月公国Lv3です。
リョウ+妖精の踊り→フローレンスの動きは、SP4でのLP回復を可能にします。


3.リョウ

ファイルのキーカードにして存在意義。
主な使い方は前述した通りです。
私好みの高梨かりたさんカード。


4.月公国の女聖騎士

精神兵団から繋げるオープンドローユニット。
精神兵団→女聖騎士と繋げると山札の月公国ユニットはほぼ引き尽せますので、見た目に反して事故が発生しにくいです。
ただユニットサイズは犠牲になっているので、大型相手は厳しく、如何にして高速で山札を掘り進めてラングバルト、アニヒレイトに繋げるかにかかっています。


5.月公国の銃兵

運用的にはコーネリアに近い月公国版の長距離銃の騎士。
エリア排除とハンデスを同時に行えるアドバンテージユニットであり、とりあえず女聖騎士からの流れで連打する分には申し分ないカード。
あまり戦闘力には期待できないため、状況次第では精神兵団のコスト最有力です。


6.歪んだ女神官

リョウで敗北エリアに配置するカード。
オープンハンデス持ちなので、ユニットとしてもまずまずの性能です。


7.アニヒレイト・ドラゴン

汎用アタッカー。
山札条件は精神兵団が回り出せば非常に簡単に満たせますので、2積みでも腐りません。


8.解呪

主にリョウへの援護として使うカード。
SPブーストも可能であり、フローレンス召喚にも相性が良いです。
ただし白は相手も解呪やハヌマンを使う可能性が高いため、リョウの信頼度は他の優勢に比べると落ちます。


9.ディカール

月公国ドローの終着点その1。
LP2削りも出来ますが、精神兵団を見せている事でディカールも露見しますので、リョウからのレレイウのカモフラージュの面が強いです。
もちろんLP2削りとしての安定感は高いです。


10.ラングバルト

月公国ドローの終着点その2。
オープンとアタックの条件がそれぞれ自分の墓地なので、ライラのように相手を待つ必要がありません。
手札条件はディカールで満たすことが多いですが、一応銃兵1枚取っておくと事故りにくいです。


11.神無

優勢赤のバズガー、カサンドラ、テレーザ陽へのメタ。
また優勢青全般やエストマへのメタになります。
自分のエリアを排除してしまいますが、そもそもエリアを活用しているのはリョウからの直接配置ですので特に問題はありません。


12.フローレンス

リョウからの召喚がメインです。
手札条件を満たせればそのまま出すこともあり得ますが、そちらはリョウからの召喚の確実性を捨てることになるので、リョウを引けてない時限定です。


13.レレイウ

リョウからの召喚がメインです。
碌に援護が入っていませんので、普通に出すのには向きません。
敗北エリアにカード、サポートエリアに妖精の踊りで墓地10枚からでも削りにいけます。
もちろん負ける場合は違うカードを配置して難を逃れることが出来ます。


14.急襲する鬼面獣

テレーザ陽と悩みましたがこちらで。
鬼面獣で勝てない範囲を神無で大体補うことが出来ますので、無難な選択をすることが可能です。
単純に優勢赤での炎魔人(EX)とアグニに確定で勝てるので、そういった面でも活躍が期待できます。


15.オートス

あれば便利なオートス。
相手より自分の墓地を掃除された方がきついファイルだったりもする。


16.ライラ

相手のオートス、罰の穴からの復帰に使ったり、炎魔人EXやアニヒレイトに有利なアタッカーに使ったりする。
山札の水増しが必要になる前に勝つか負けるので、その辺はあまり気にしない。


17.三銃士ノゼ

リョウからの召喚用。
普通に出す場合は相手のファイルを見てから。
1枚だけですが、使い回すための手段は前述のとおりに。


18.炎魔人EX

最近はあれば便利なカテゴリに入る気がする。
アグニ用の援護が確保できないため、こちらを採用。
最近の終盤は、炎魔人EXに勝てるかどうかがカードの価値を決めている気がする。
そのせいでリョウで勝てるんですけどね。


19.メイリーン

治癒のセット相手がおらず、大竜帝の光を打ってどうするというファイルなのでこちらを。


20.あふれ出す魂

三銃士ノゼをボトムに送り込むのがメインですが、あふれ出す魂から精神兵団で月公国ユニットのサーチも可能です。
SPブースト要素が多めなのは、リョウからのフローレンスやアニヒレイト連打を想定したため。




以上が今いろいろ試しているリョウファイルの軸になる部分です。


とりあえず、アニヒレイトや炎魔人EXにリョウからの三銃士ノゼが出来ましたし、メイリーン+大竜帝の光にリョウからのレレイウを決められたので、割と満足している構築です。


これ以外にも、なんか絶命剣やったりスカリオンやったりしてますが、それらが公開されるかは分かりません。
前者は勝ちきれない場面が多く、後者はスカリオンなしで勝てるパターンが多すぎてスカリオン要らないという評価を下しかけているからです。


あとラ・ボォEXをどうにか使おうと考えてますが、なかなか上手くいきません。
今回のリョウファイルは、最初はラ・ボォEX用に考えていたもので、結局その要素が抜け落ちたというものですから。
どうにかならないかもう少し悩んでみます。



それでは次回がいつになるか分かりませんが、気長にお待ちいただけるとありがたいです。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

待ってました!
ブログ再開してくれて嬉しいです。

またアリーナで会えるのを楽しみにしてます~

No title

お待ちいただきありがとうございます。
今更何をすればいいのかという考えもありますが、ぼちぼち続けていこうかと思います。

アリーナで遭遇した際は、宜しくお願いしますね。
>曇雨さん
プロフィール
バトルロンド・ブログ

真散

Author:真散

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユグドラスラッシュ
さぽている
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。