スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀陽帝戦争の話その黒

相変わらず更新に間が空くブログです。


というわけで今回は黒です。
☆2以下の追加カードのリストも公開されましたので、今回から抜け落ちるカードがなくなるはずです。
ただやはり二つのリストを見ながらの作業となりますので、見落としがある可能性があります。
その場合はご指摘いただけると助かります。


そんなこんなで、中の人が勝手に云々。



月光妃の剣『ボールハウス』

黒い魔法王国の上級剣士。
こちらはオープンとアタックに手札条件が指定されており、オープン時点で手札に黒のカードが2枚以上ないと無能力化します。
条件はそこまで厳しいものではありませんが、意識的に黒を多めに投入しないといざという時に使えない可能性があるので注意が必要です。
またオープンとアタックには更にサポートに黒のカードが必要となります。
つまり手札に黒のカードが2枚以上で更に黒のサポートが必要ということであり、オープンの条件と合わせてかなり厳しい条件が指定されていると考えて良いでしょう。
全ての条件を満たした場合、相手のAGIを1にし、更に相手のSP×10だけダメージを与えつつお互いのSPを半減させます。
魔法王国の上級剣士と比べるとHPが少ない分だけ安定感が欠き、サポート必須なので上級剣士と消費の面で大差がありませんが、上手くアタックまで持ち込めればアドバンテージを取れる可能性があります。
お互いのSPを半減なのでリスクはありますが、エキドウナの運用と同じようにGETSPなどを計算に入れてアタック後に不利にならないように計算すれば問題ないでしょう。
使いやすいとは言えませんが、十分な威力を持った爆弾カードです。



間諜の紫『ピピン』

Lv4で戦闘能力は微妙だが、オープンで仕事をするユニット。
似たタイプのユニットにディフォとジャクレスが存在します。
オープンは因果軍の条件付きのディフォのものであり、ドロー対象が因果軍固定以外は同じです。
アタック時に手札に戻るため相手がノーセットや何らかの自爆をしない限り勝つことが出来ませんが、必ず負けることから対少女の最後や生贄とデメリットを共有でき、毎ターン出すことで相手の手札を削りに行くことが可能です。
ただしLv4であり、毎ターン出すにもSP消費が厳しく、因果軍にはドロー能力持ちが大量に存在しますので、このカードを敢えて採用する理由はありません。



指揮官型『マイア』

新しい指揮官型ですが、現在のLHに指揮官型を参照するカードはないので特に意味はありません。
魔法少女ユニットですが不死・霊体を参照するカードであり、オープンで墓地の不死・霊体を最大2枚山札に戻すことでバーンを行います。
オープン条件が墓地に1枚以上で、戻す対象が2枚ですので1枚でもバーンは発生しますが、ダメージ量は戻す枚数依存ですのでなるべく2枚以上存在するときに使いたいところ。
Lv4で最大オープン60点とSP-1は強力ですが、不死・霊体は墓地にあってこそのカードが多く、あまり山札に戻したいカードタイプではありません。
また魔法少女にも指揮官『エヴェリーナ』EXというオープンで即死級のバーンを放つことが可能なカードが存在し、こちらは条件がないようなものである点でも劣ります。
上級霊等の墓地依存のカードをあまり使わず、不死・霊体を複数フィニッシャーとして採用するようなファイルで、それらをピンポイントで回収するために投入するといった使用方法は可能です。
そのためこのカードの出番があるとしたら、そういった高速且つ対象を指定できない墓地肥やしをするファイルでフィニッシャーが不死・霊体のファイルの回収役といった形になるでしょうか。

魔法少女ユニットですが不死・霊体を参照するユニットであり、墓地に不死・霊体が存在する場合に墓地からランダムで2枚までのカードを山札に戻すことでバーンを行います。
不死・霊体は墓地が多ければ多いほど強力になるカード群であり、ランダムのため不死・霊体を戻さない可能性もありますが、墓地を減らしてしまう効果は相性がよくありません。
また単体運用可能な不死・霊体を回収する目的で投入するとしても、ランダムのため確実に回収できるわけではありません。
このカードを使うならばランダム要素の多い墓地肥やしを使用し、なお且つ不死・霊体のユニットも採用するファイルになるでしょうか。
その場合は削り過ぎた山札を補修しつつ高火力のバーンを行うユニットとして扱うことが可能です。




盟主『ニードル・クララ』

スラッシュ・クララとのセット運用が前提のカードであり、どちらもオープン/アタックで条件を満たした時に墓地の相方と入れ替わり、相手のATを20減らし、手札に戻ります。
どちらの条件も初期状態のHPから少しでも減った時というものであり、自発的に発動させるにはLv4以上のタイミングでHPを減らす必要があります。
また入れ替わるという性質上、Lv4以上のバーン持ちには高い耐性を持ちます。
こちらはHP70/AT20の後攻であり、HPサポート付きでアタックタイミングでの発動を狙いやすいです。




盟主『スラッシュ・クララ』

基本的な内容はニードル・クララと一緒です。
こちらはHP50/AT30/AGI3であり、HPサポートで相手の攻撃を耐えるといった戦術を取りにくいです。
どちらのクララにも言えることですが、対少女の最後や今回のパックで追加された地獄との併用で自発的にオープンによる入れ替えを狙った方が良いでしょう。
また墓地にそれぞれが1枚ずつ以上ある場合、例えばニードル・クララ+対少女の最後でニードル・クララがスラッシュ・クララに入れ替わり相手AT-20、相手のATが下がったことによりスラッシュ・クララが攻撃に耐えることができニードル・クララと入れ替わる、といったことが発生する場合があります。
もちろんこれは墓地にクララ2種類があり、更にクララを出せる状況にあるといった条件が必要ですが、クララを使用することを念頭に置いたファイルならば発生しうる状況です。



地獄

オープンでお互いに20点ダメージを与え、HP0になったユニットを墓地に送り、SP2バックするグリモア。
そのまま使用した場合はHP20以下のユニットに確定で勝利するというグリモアになります。
獣化病/フェンリルやエストマといった先攻ユニットへの対策にもなりますが、HP20以下ならばLv3以下のオープンを発動させない効果であるため、例えばネリッサのような自力でパンプアップするユニットにも効果を発揮します。
またLv5以上のオープンバーンとセットで運用すると効果範囲が非常に広くなり、例えばアニヒレイト・ドラゴンとセットで使用するとアニヒレイトの条件を満たしたならばHP90以下のユニットを有無を言わさず墓地に送ることが可能となります。
もちろん相手がLv5以上のバーン持ちを使用した場合、こちらのユニットが墓地に送られる可能性もありますので、注意が必要です。




戦闘用魔法少女【覚醒型】

アタック時に相手のATを20下げ、1枚のハンデスを行うカード。
ただしアタックは一度きりです(そうでもないとヴァイオレット等の入れ替えユニットで酷い事になる)。
そのまま出すと他のハンデスユニットに劣る面が多いため、基本的に相手のユニットとサポートを見てから出せるヴァイオレットやトレモロとセットで使うカードです。
AT-20は強力で、非優勢ユニットならば封殺も可能でしょう。
またこのカードを呼び出すことができる充電型も追加されましたが、あちらもアタック発動ですのでやはりヴァイオレットやトレモロの力が必要になります。
更に手札の覚醒型を呼び出すことになりますので、ただでさえ手札の管理が難しい魔法少女に手札消費が多いコンボを投入することになります。
そのため充電型からの召喚は狙わず、このカード単体で運用した方が良いでしょう。



太陽獣の死騎士

太陽神の信奉者に続くコアトル関連のカード。
こちらは手札ではなく墓地のコアトルを使用するため、太陽神の信奉者よりも使いやすいカードです。
墓地にコアトルが存在する場合、Lv5でHP110/AT50のユニットとして出ますので戦闘能力の面で問題になることは少ないでしょう。
ただしそのまま黒で出した場合、ディアリー・シーにちょうど倒されるラインですので、何らかのHPサポートは用意した方が良いです。
このカードの目玉となるのは勝利時であり、相手がLv4以下ならLv分のSPを減らし、Lv5以上ならばSP-3と1枚のハンデスを行います。
墓地条件が必要とはいえ、サイズの大きいLv5でサポートが空くカードであり、この勝利時は非常に狙いやすく同時に致命的になりやすいです。
優勢黒では単体だとディアリー・シーに負ける以外は、主要なルザ、フランシス、フェンリルに勝てますので、それらを迎撃出来た場合の相手の損失はかなりのものになるでしょう。
ただし墓地にコアトルが存在する場合、特に山札から直接墓地に送れるカードでコアトルを指定する、手札からコアトルを捨てるなどの行動をした場合は確実に読まれますので、その点は注意した方が良いです。
問題はコアトルを採用しなければならないということですが、墓地肥やしを多めにして1枚挿しで即墓地に行ってもらうような運用が一番安定すると思います。



報復の鉄処女

ようやく出た黒いHPサポート(今までもHP+20なら幾つか存在するが、HPサポートとしては扱いにくいものばかりである)。
ただし、やはりと言った方が良いかもしれませんが、他のHPサポートに比べると非常に癖が強いです。
Lv2グリモアのHPサポートでよく使われる聖域の鍵や石の牙はHP+60サポートであり、大空の風は実質HP+40ですが非常に強力な追加効果を持ちます。
こちらはHP+40であり、同時に木の精霊やネコ機甲、ジネンのようにサポート対象に後攻を付加します。
そのためバーン耐性を得させるために先攻ユニットにHPサポートといったことには相性が悪く、黒いサポートでなお且つHPを増やしたいユニット限定のサポートといった扱いになります。
またアタック発動は、ほとんど罪の刃の2つ目のアタックと同じであり、こちらはプロテクトの上からでもダメージを与えられるようになっています。
罪の刃自体の採用率が芳しくないのは終盤でしか効果を期待できないからであり、デメリット付きのHPサポートが付いたこちらも積極的には採用されにくいでしょう。
一応、念願のラウリア用HPサポートが追加されたぞ!と使用することは出来ますが、血染めの鎖の方が効果を期待できる分、こちらの採用はなかなかされないでしょう。



死霊の妖精

黒い妖精族の二刀剣士であり、アタックのAT分ダメージの条件が緩和されていますがATを上げる手段はありません。
敗北時に墓地から妖精か不死・霊体をランダムで1枚手札に加え、その場合相手のSPを1減らします。
アタッカーとデコイの両方を期待できるカードですが、二刀剣士のようにHP10ではないので強制再生とのコンボは出来ず、またLv3になっているのでコストパフォーマンスはかなり悪いです。
更に援護も削除されているため、どうしても黒い妖精が必要な場合以外は採用の余地はないでしょう。



戦闘用魔法少女【海賊型】

手札に魔法少女が1枚以上という緩い条件で、オープン/アタック時に20点ダメージ。
更に勝利時、山札に海賊が存在すると墓地から1ドローと相手SP-2。
魔法少女と海賊の橋渡しをするようなユニットですが、手札条件は海賊ファイルでは満たしにくいため、このカードを複数積んだ魔法少女ファイルでの運用が基本となるでしょう。
その場合、非優勢でもLv3程度は倒せるこのカードを素のまま運用したり、ヴァイオレットやトレモロで呼び出したりといった運用方法が考えられます。
また山札に残しておく方法として、補給型で優先的に山札に戻したり、ホワイト・リリーでの回収、大ノゼのアタック時の手札コストといったものが存在します。



沼地の呪術師

黒い南蛮族。
黒い南蛮族は他に燎火が存在しますが、あちらはアタッカー、こちらは手札と場を有利にするためのカードと差別化は容易です。
南蛮族共通のオープンでのドロー対象は山札からではなく墓地からですので、山札の南蛮族を減らしたくないときには重宝するかもしれません。
ただし墓地の南蛮族を減らすのは、やはり獣人達の咆哮の条件を阻害しかねないので、やり過ぎには注意が必要です。
敗北エリアではSP-2とAT-10が発生するため強力ですが、場に南蛮族を出している必要があります。
南蛮族ファイルは連続攻撃が基本ですので、この条件は満たしやすいでしょう。
またヘルミナでの配置にも対応しますので、後詰と弓兵以外の選択肢として重要なカードです。
軽く敗北エリア発動持ちということから南蛮族の始動役として期待できるカードであり、今後重要になる可能性があります。



戦闘用魔法少女【充電型】

アタック時に覚醒型をHP70/AT70の状態で呼び出すことができるカード。
入れ替わった後、覚醒型のアタックも発動します。
ただしそれだけであり、手札に覚醒型が存在し、なお且つアタックまで持ち込めないと無能力という使いにくさが存在します。
見た目は格好良いと思いますが…。



月公国の東方剣士

月公国と東方の橋渡しをするカード。
過去には同様のカードに白銀黒狼『メティス』EXが存在し、こちらも手札に東方1枚で条件を満たせます。
ただしこのカードとメティスEXはLv3のHP50/AT30/AGI3の高火力アタッカーという役割が被っており、同じようなカードを複数種類積むとファイル自体の柔軟性が損なわれる危険性があります。
もちろんどちらかを3枚採用し、4枚目として採用する方向もなくはないですね。
月公国と東方はカードタイプ1同士のため両立しているカードは存在しませんが、サルメは手札の赤いカードをコストにしますので、メティスEXや東方剣士の手札条件に使いつつ、サルメで赤が多い東方をコストとして投げるといった運用も可能です。




冥将軍の儀式

光の儀式と同様に墓地のこのカードを山札の下に戻すことで効果を強化できます。
こちらは墓地の黒のユニットを手札に加えるものであり、条件を満たすともう1枚手札に加えられます。
対象が限定されている事は良し悪しですが、それ以外の部分では条件を満たさないと強制再生や忍び寄る手に劣ります。
そのためなるべく条件を満たして使用したいカードであり、使用するならば黒いユニットを2枚回収できるようにコンスタントに墓地を肥やせるように調整すべきですね。
また黒いユニットと指定されているため、妖精の踊り等で黒いユニットを墓地に落とし、それ以外の黒いユニットが墓地に行かないうちにこのカードで手札に加えることでサーチと同じ動きが可能です。
例えばオープンで墓地を肥やせるユニット+このカードならば、タイムラグを発生させることなく手札に加えることが可能です。
こうした使い方も出来ますので、黒が多いファイルでのドローか黒が少ないファイルでのサーチといった両極端な使用法になると思います。





総評。

デュアルユニットの流れを組んだような入れ替えユニットの組みが二つ存在します。
充電型は考えない方が良いんじゃないでしょうか。
太陽獣の死騎士は強力なユニットであり、頭に入れておかないと致命傷を負わされる可能性があります。
重唱組は無難に優秀です。

コメントの投稿

非公開コメント

ピピンは間諜なので、相手手札覗ければよかったかも。
あまりにも弱いです。

マイアは不死以外も戻します。シルビオのように表記ミスの可能性もありますね。

No title

反応が遅くなりましたが、マイアについては修正しました。
運営からのアナウンスがありませんので、設定ミス・表記ミスではないようです。

ピピンは…何かスキルが抜け落ちてる感がありますね。
>魔法っぽいさん
プロフィール
バトルロンド・ブログ

Author:真散

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユグドラスラッシュ
さぽている
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。