スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LHなるものその11

ディメンジョンゼロのコラボその2が出てるっぽいので、相変わらず片手間な人が適当なことを書き連ねます。



哲学のテスト終わって帰ってきたところなので、頭が混乱してるよ!
あははー!
へははー!
…何この変な人。


前提として、
『他の人がどう使うかは知らないが自分はこう評価する』
という感じです。

特攻じみた戦術が好きで、環境を無視する人なのでお察しください。
あくまでも、記録用な感じです。

まあ、そんなことでお願いしますねー。


(神姫とは関係ありません。
現在、武装式神の続きを書いてますー)


ピースブリンガーエンジェル
防御的なLv3のスペックのユニット。
SPロック系のカードの中でも、比較的安定して計算できます。
出せば相手のSP-2くらいはしてくれます。
古い城の死霊とは好みで選択する感じで、ただし不死・霊体な分あちらの方優秀な気もします。



デスブリンガー・エンジェル
Lv5でありながら、Lv3相当のスペックのカード。
要はお互いの勝利/敗北エリアのカードを無効化しつつLPのやり取りが出来るサージスです。
問題はLv3相当のスペックであること。
優勢白で出した場合、Lv2・3基本スペック相手には運、Lv4以上の基本スペック相手には確定で負けます。
他の優勢の場合、優勢Lv3にすら確定で負けます。
リドEXには確定で勝ち、ガルディには優勢青以外は確定、青は運でしょうか。
何にせよ、私はサージスの方が良いですし普通にLv3ぶん投げた方が楽なのでこれは使わないと思います。



神滅侯爵ラインハルト
大きくなって、使いやすくなった巨大豚。
という印象のカードです。
オープンで山札のカードを4枚落とすので特定のキーカードに頼るファイルより、墓地の枚数が重要なカードと合わせるのが良さそうです。
その点では巨大豚がルティナ、アイギナ、ヴェルベットと組み合わされていたのと近いですね。
魔剣系のユニットや奈落の軍団とも相性が良く、山札が削れる点では火山からの蟲とも相性が良いです。
フィニッシャーとしては同Lvのズガやカファールの方が優秀ですが、アドバンテージを得やすいカードなので居場所が、かち合うことは少なさそうです。



時空を歪める者シュレーゲル
黒くなった練達。
黒くなったことで、山札からではなく墓地からドローします。
墓地からなので、墓地がそのカードのみなら確定でサーチが可能なのは動く鎧などと同じですね。
もちろん、何が手札に入ったかばれているのには注意が必要ですが。
勝利エリアはローティアユニットのみの条件ですので、勝利エリアに置くタイプのユニットでは活用できません。
純粋に、優勢黒の前に投げておくのが一番楽な使い方だと思います。
とりあえず、啓示ラステやカファールなんかを出されにくくなりますからね。



調停商人オウル・カーン
この手のAGI4以上でアタック発動が優秀なタイプは、黒の魔剣のように攻撃力が伴わない場合は使い勝手が悪い物です。
このカードもその例に漏れずの評価です。
援護可能ですが、補正が何にもないのも評価を下げる原因です。



魂の刃マキリ
個人的にかなりオーバースペックだと思っているユニット。
とりあえず、タイマンで勝てるLv3は殆どいないはずです。
1つ目のオープンは序盤で出すのに優れ、2つ目のオープンはオープンダメージというより墓地のカードを3枚山札に戻す方がメインでしょう。
蟲の敗北エリア発動の条件を満たせなくさせることが可能で、優勢赤限定ですがオープンで20与えられるのでHP+10/AT+10以上の援護で火山を倒せますからね。
カードアドバンテージは取れませんが、優秀なLv3として採用の余地はありそうです。
3つ目のはエル・ドラードと同一のもの。
Lv3ユニットが持っているというのが大きく、タイマンで勝てるLv3が殆どいない原因。
このオープンは削っても良かったんじゃあ…



フルアーマー韋駄天丸
怪しい挙動をするカード。
要はLv1版のルビアEXです。
ダメージを与えずに勝利した場合は、敗北側のプレイヤーは5-現LPだけSPを得ます。
攻撃側が0にしているから分かりにくいだけで、メイリーン辺りで防御した時と同じ挙動になります。
ドローがない理由は、『ダメージドロー』だから。
ダメージを受けなければドロー出来ないわけです。
ルビアEXと異なる点は、このカードでの援護が可能だと言うこと。
無駄になりにくいのですが、前述のように相手にSPを献上することになります。
ルビアEXが採用されたのはAT50で先攻という圧倒的なスペックを持っていたからこそのカウンターカードとして。
このカードを採用するかというと…



組合長ペンギン・ポー
Lvが1上がり、2ドロー可能になった代わりに戦闘力が下がり条件付きになった練達。
相手の方が手札が多ければ2ドロー出来ます。
ただ、この手の戦闘を無視したドローカードは中速から低速のファイルで好まれます。
しかし、条件からするとガンガン手札を使うファイルで使いやすいカードです。
かなり矛盾してますし、単体での戦闘は期待できないことから評価は低いです。



サイバー・プリンス
エル・ディアブロに近いカード。
2体と異なるのはエリアに置かれたカードの神族を参照すると言うこと。
赤のみですが、HP90/AT50になれるのは脅威です。
エル・ディアブロは神族を問いませんが、AT20/AGI2のため若干力不足でした。
こちらはAT30/AGI2のため、エリアにカードがなくても戦えないことはないです。
AGI上昇のオープンはエル・ドラードのものですので、条件付けられたおかげで使いやすく強化された形でしょう。
エル・ディアブロも悪いカードではありませんが、このカードがある以上更に影が薄くなりそうです。



サイバー・ビューティー
こちらはスペック的にエル・ドラードに近いカード。
どのタイミングでも出せる祝福の神官戦士や長靴を履いた猫から繋げる形でしょうか。
特に前者なら、HP90/AT50を実質SP1で出せるという、ガンちゃんが泣きそうな感じです。
Lv2ということもあり、リヴァーレ辺りとも競合してきそうな感じです。
ただ、このユニットに限ってはLv2であることがデメリットになります。
Lv3以上のタイミングのオープンで勝利/敗北エリアを除去されると自己強化が出来ないからです。
特に長距離銃の騎士とは相性が非常に悪いです。
また、Lv2のオープン相手でも運になり、トルテやアベルなど敵が多いです。
エリアゲー対策のカードがそのまま対策カードに化けてくる可能性がある為、運用には注意が必要です。






デスブリンガー・エンジェルなんかは凄く派手な効果なのですが、実際使えるかどうか微妙な感じ。
サイバー・プリンス、サイバー・ビューティーはかなり好みのデザインですね。
ラインハルトは専用ファイルを組めば面白い動きをするかもしれません。

キルヒアイス…?
いえ、なんでもありません。




露骨に壊れているカードはなさそうですね。
環境に影響があるとしたら、マキリとサイバー・ビューティーがどうなるかが怪しいところ。




はて、おやすみなさいませー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おひさしぶりのコメントです。

片手間な人が適当なことを書いているという前置きがありますが、
的を得た内容の評価をされていると思います。

カード評価とは関係ないですけど、片手間で遊ばれてるのに、
レート1800以上でランキング上位とは、さすがですねw
ファイルもTOPファイルといわれたガルディ火山でもないところが、また素晴らしいと思いました。

No title

お褒め頂きありがとうございます。
『片手間~』の辺りは、がっつりやっている方に比べて対戦数が圧倒的に少ないので的外れかもしれない、という意味で捉えてください。
あまり心配は要らなかったようでよかったですorz

TOPファイルがガルディ火山だから勝てた、という感じですよ。
TOPが2つか3つ乱立している環境よりも、TOPが1つしかない環境の方が楽ですから。
特にガルディ火山はキーカードが☆5ということもあり、使用者は少ないのですがインパクトが強いので多くの方が対策カードを入れてます。
ということで、アリーナには対策ファイルの方が圧倒的に多くなります。
なので、私はガルディ火山に五分五分の勝負が出来て対策ファイルに七割勝てるファイルを構築した、という感じですね。
極端なメタカードを嫌う理由がここにあって、対象以外のファイルと当たった時に腐ってしまうから。
それなら、腐りにくいカードを集めた方が良いじゃないかって話です。
それが上手くいったのが今回なので、そこまで凄くないと思います。
>ぺぷっぱさん

No title

今回のEXもとくに壊れっていうのがなくて面白いですねぇ
Dブリンガーは・・・
・・・どうすればいいんだろう
ユニットのスキルも封じれるのでもう予知使って当てろということか
1ターン犠牲にして相手の思惑を色々外せるよ!っていう・・・
LV5以上でこられたら知らないです(´‐`)
援護もエリアも相手スキルも対策するなら結局それ専用カードを各自使ったほうが良いですよねぇ

シュレーゲルは初手が単品魔弾なら100%好きなカード持ってこれるので面白いかもですね。夢的に
練達と違ってAGI2なのは他にも色々スキルがあるからかしらん
勝利エリアにあるだけでLV6出すの躊躇させれるってのも良いな

韋駄天はファイル破壊での低GETSP用?
援護もできるから無駄になりにくいよ!
どうでも良いけど見た目的にマキリと合体しそうだなーと思った
どっちがどっちを援護してもびみょいけど(´‐`)
マキリは援護可能なのがうぇぇって感じでした。
トルテと組み合わせると面倒そうだ(スキル発動を見てるのが)

ペンギン隊長は見た目好きだけど使いにくい・・・これならフェティス使います的な何か
試しに1枚ひいてみたところビュティちゃんだったので早速いれてみました
今のファイルにはそれなりにあっているので邪魔にならずに使用できます。ただリヴァーレと違って少々前準備いるんで挙動としては違う感じです。素のステは低いし
きっとシンさんならこのカードのなかから面白い使い方を考えてくれる!と期待しておきまs

長文失礼しましたー

No title

デスブリンガー・エンジェル、ラインハルト、サーバー・ビューティー仁関しては、それっぽいファイルを組んでみました。
ということで、次回の記事にて色々書こうと思います。

今回のEXは非常にEXらしく特殊なカードが多くて良いですね。
一見、使い方がよく分からないと言うのも好評価です。

サイバー・ビューティーは、どう考えても殴るだけのユニットなので面白くはならないと思うんだ!
いえ、援護可能だったら、高確率でぶっ壊れますが…
>かむいさん
プロフィール
バトルロンド・ブログ

真散

Author:真散

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユグドラスラッシュ
さぽている
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。